俺のセンチュリーベストナイン 前編

いまさら17年前の発表に待ったをかける!

 

今更ではあるが、2000年に発表された「20世紀最強のベストナイン」に対して待ったをかけてみようと思う。

 

 

 

ちなみに2000年に発表されたベストナインは以下の通り。

 

一塁手:王貞治

二塁手:落合博満

遊撃手:松井稼頭央

三塁手:長嶋茂雄

捕手:古田敦也

外野手:イチロー、松井秀喜、張本勲

投手:江夏豊

 

もっとも、すでに発表済みのベストナインに関しては何の文句もない。

 

ただ「ベタ過ぎはしませんか?(落合はともかく)」という意味で自分なりのベストナインを発表したいがために企画してみたのである。

 

 

 

 

一塁手

ここでいきなり悩んだ。

 

普通で考えれば王貞治であることに間違いはないだろう。

 

何しろ868本塁打の世界の王である。

 

しかし、それではわざわざ「待った」をかけた意味がなくなってしまうので、王以外で考えてみた。

 

悩み抜いた結果、榎本喜八に決定。

 

彼の神秘的で魅力的な打撃はもっと正しく評価されて欲しいという願望からの選出だ。

 

臍下丹田呼吸法を取り入れたり、短期間だけだが神の域(ゾーン)に到達した打撃道を追求し続けた侍のような打者。

 

 

二塁手

千葉茂だな。

 

個人的には彼の「猛牛」と言われた荒々しくも正確な「捕球と送球がほとんど同時」という守備も、しつこく粘り強いファウル打ちの技術も、自分が監督をするならぜひとも欲しいと思えるテクニックだからである。

 

余談中の余談だが、カツカレーの生みの親だという逸話がある。

 

遊撃手

このポジションも名手がたくさんいるが、ここは中利夫を推したい。

 

首位打者と盗塁王を1度ずつ獲得しているプレイヤーで、2000本に迫る安打数、139本塁打、347盗塁、153犠打などあらゆる場面において高次元で器用にこなせる渋さが魅力

 

シーズン350刺殺を2度も記録するなど守備でも能力の高さを発揮した。

 

高木守道との連携プレーが凄まじかったと言う。

 

アライバ(荒木・井端)のように中日にはコンビネーション抜群の二遊間コンビが何十年かに一度現れるのかもしれない。

 

 

三塁手

 

ここも一塁手と同じで誰がどう考えても長嶋茂雄が圧倒的人気であることに間違いない。

 

だが、あえて違う人選にするとするなら……「怪童」中西太か、「ミスター・タイガース」藤村富美男か、掛布雅之か「鉄人」衣笠祥雄か。

 

迷いに迷って、中西太だ。

 

首位打者2度、本塁打王5度、打点王3度。打撃に関しては文句なしの名選手。

 

巨漢ながら142盗塁をするなど意外さも持ち合わせている。三塁手の頭をかすめた低い弾道の打球が伸びてスタンドに突き刺さった伝説を持っている。

 

 

捕手

迷わず「ノムさん!」と野村克也を挙げよう。

 

意外なことに野村はセンチュリーベストナインにおいて捕手部門を弟子だった古田敦也に1位を譲っているのである。

 

だから、ここは即答で決定。野村といえば657本塁打を始めとして、三冠王になったり、クイックモーションを編み出したり、ささやき戦術を徹底したり、データ野球を取り入れたりと数字に現れない部分でもプロ野球界に貢献してきた大選手だ。

 

また二冠王に輝いたにもかかわらず、減俸された悲劇のエピソードも哀愁バツグン。

 

 

うーん、長くなったので次の記事へ続く。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です