野球記事

親子鷹野球選手~通算本塁打数を合わせてみた~

更新日:

親子鷹プレイヤーは結構いるのだよ。

 

 

長嶋茂雄と長嶋一茂。野村克也とカツノリのようなパターンが数多く存在する。

 

今回はそんな親子鷹をご紹介しようと思う。

 

最強のスラッガー親子

まずはボンズ親子から。父・ボビーと息子・バリーはどちらも強打者であり俊足選手でもあった。

 

親子で30本塁打30盗塁を達成しているところからも、「身体能力とは遺伝するものなのかもしれないな」と思わせてくれる。

 

親子合わせて1094本塁打(ボビー332本塁打・バリー762本塁打)、971盗塁(ボビー461盗塁・バリー514盗塁)と凄まじい成績を残している。

 

 

2人合わせて250キロ!

そしてフィルダー親子

 

セシルとプリンスはふたりともよく似た巨漢選手。

 

親子でシーズン50本以上打ってメジャーの本塁打王になっている。

 

2人合わせてプリンス311本塁打+セシル319本塁打で630本塁打。

 

ボンズ親子には大きく差をつけられているものの、この数字も非常に突出していると思えるがどうだろうか。

 

ちなみにセシルは1年だけ阪神でプレーしている。

 

次のページへ >

-野球記事

Copyright© アンチ徳島漫遊記 , 2018 All Rights Reserved.