古い古いプロ野球の写真「この人だ~れだ?」①

掘り出し物写真でプロ野球史を考察してみる。

 

面白いものを発見し、安かったので買ってみた。

 

オリジナルではなく複製プリントのようだが、何かしら面白みがありそうだ。

 

トレーディングカードのように名前が書かれているわけでもなく、詳細が書かれているわけでもない。なので、自分でいろいろと資料を漁ったり、情報提供を呼びかけて調べていくしかない。が、それが面白い。

 

とりあえず何枚か厳選して貼り付けてみる。

 

 

 

 

南海ホークス 鶴岡一人監督

 

 

数少ない「誰か」がわかる写真だ。

 

歴代最多勝利監督の鶴岡一人監督。

 

ご存知の方もいらっしゃると思うが、鶴岡監督は婿入りしてから山本姓から鶴岡に 変わったのだ。ホークスの歴史を調べる際に必ずといっていいほどこの方の名前が出てくる。何でも華麗な守備で女性ファンも多かったみたい。鷹女?

 

あと気 になるのは名前の読み方。

 

ウィキペディアを見ると、ふりがなに「かずと」と共に「かずんど」という表記がある。これはいったいどういうことなのだろうか。

 

ネットで検索をかけてみたものの、特に収穫がなかった。もしかすると、どこかの訛りみたいなものなのかもしれない。引き続き調査を続けてみよう。

 

 

 

こちらもヒントというか答えつき。

 

「南海ホークス」「山本一人」と書いてあるように見える。

 

やっぱり「かずんど」が気になって仕方がない。もし、鶴岡監督がご存命であ れば、迷わずお手紙を書いて訊ねていただろう。

 

ちなみに俺は調べていて、気になったもののわからないことがあった際に、ご本人にお手紙を書いて送ってみる ことにしている。「そんなの送ったところで返事なんかこないでしょ」と侮るなかれ。

 

お手紙は思いのほかちゃんとご本人に届くようだし、過去に何名かの方に出して約5割の確率でお返事をいただいている。

 

丁寧に質問をすれば、どんな大御所でも丁寧に返事を送ってくださる幸運もありうるのだ。

 

 

胸のロゴマークはホークスっぽいけど……

 

ユニフォームの胸にあるロゴマークはホークスのだよね?

 

ちょっと自信がない。もし違うとしたらどこのチームの、誰なのだろう。

 

仮にホークスのキャッ チャーだとすると、時代背景から察するに、中田道信という人なのだろうか。

 

なにぶん何年ごろかもよくわからない。でも、ホークス一筋の鶴岡監督が現役時代 で、同時期にキャッチャーをしていたとなると中田道信しか調べても出てこない。これも追調査。

 

東京読売巨人軍 有志3名

 

 

 

続きましたるは、巨人。

 

結構早い段階からジャイアンツというチーム名だった模様。(80年以上前?)

 

さて問題は写っている選手たちだ。向かって右後ろ は顔で元祖スライダー、初の完全試合達成者・藤本英雄だとわかる。たぶんあってると思う。

 

それでは他のふたりは?

 

藤本が170センチであるという情報が確かなら、その左隣の選手はもう少し小柄なので165~168センチ程度というところか。

 

小柄というところで、一瞬「田部武雄か?」と思ったが、ネットで見かけた顔写真とは違うようだ。

 

次に、中央の少し厳つい表情の選手は、おそらく白石敏男(勝巳)ではないかと思う。藤本が巨人にいた時代が1942年~44年ごろと46年ということを考えると、白石である可能性は充分高い。顔も特徴的でよく似ているように見える。

 

ここまでの推測が正しいとすると、写真の年代は1942年から44年の間、 もしくは46年ということになる。これでかなり年数が絞れたぞ。諦めずに調査続行。

 

おっと、写真をよく見ると、ズボンに23と刺繍されている。俺の推測1942年ごろが正しいとするなら、この時期に巨人で背番号23をつけていたのは、 「人間機関車」こと呉昌征だ。

 

でも、俺が知ってる顔じゃないような気がするんだな。違うのかな……。うーん、わかんねえ。。。

 

まだまだ写真はたくさんあるんだけど、こんな風に考えながら、文字打ちながら一気にご紹介するのは不可能と判断。とりあえず今日はここまで!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です