古い古いプロ野球の写真「この人だ~れだ?」②

難問推理の続き……。

まさかのジャジャ馬・青田?

昨日からこの写真の左後ろの人物が気になって、何冊かの本を漁り、ようやくひとつの手がかりを見つけた。

最も参考になったのは 「巨人軍の100人」という本で、その中に「背番号23をつけた」「1940年代に巨人に在籍した」「非常に顔のよく似た選手」を発見。

その選手を紹介したページを開いた瞬間、驚いた。

青田昇だったからだ。

青田といえば、本塁打王に5度、首位打者と打点王をそれぞれ1度ずつ獲得した大打者だ。まさかそんな有名人だとは思わなかった。だが、おそらく正解なのではないかと思う。自信はないが、あまりにもヒントを元に出した仮定にぴったりはまりすぎるのだ。

 

新仮定:キーワードは「巨人軍ではなくGIANTS」

新仮定におけるキーワードは「巨人軍ではなくGIANTS」……。(※大事なことなので滅多に使わない太字&アンダーラインを使用してみた笑)

昨日は気がつかなかったが、よく考えてみれば俺が仮定した1942年の段階では、まだ「巨人軍」「巨人」と表記されたユニフォームを着用しているはずなのだ。

でも、写真は「GIANTS」表記のユニフォームを着用した選手が写っている。よって1942年であるはずがないことが確定したわけだ。

そして、背丈も170センチとのことだからここも当てはまる。

 

年号による解析

次に藤本が巨人に在籍したのは、1942年~44年、46年GIANTS表記になってからの巨人には1948年から引退する55年まで在籍

よって新仮定である1948年に藤本がいても不思議がないことも証明できた。というかこの顔は間違いなく藤本だ。輪郭も、唇の厚さも完全に一致する。

そして、前にいる人物を白石と仮定したのも1948年なら時期的に一致する。GIANTS表記になった1948年に白石も他チームから巨人に復帰しているのだ。

これでとりあえず1948年説がそれなりに固いものだと思っていただけるだろう。

 

「先入観は罪、固定観念は悪」byノムさん

前の記事での俺のミスは、見慣れない白黒(セピア?)写真をあまりにも古いものだという先入観を持ってしまったことだ。

古い、古いと思い込んだことで在籍時期の確認を「読売ジャイアンツではなく、巨人軍」で調べてしまったことが迷走するきっかけになってしまったようだ。

時代を1948年とするならば、藤本も白石も青田も同じ「GIANTS」のユニフォームを着て並んで写真を撮っていても何ら不思議はない。この推測には大 きな矛盾はないと言えるだろう。まだ矛盾がないというだけで、左後ろの人物が絶対に青田であるという証明には至っていないのがもどかしい……。

どうにかして証明すること は出来ないだろうか。

あれ? 仮定に仮定を重ねて理屈をこねただけじゃね?

あれ? 結局あてずっぽう?

 

お気軽にフォローください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です