マネー・ボール 野球書籍読書メモ①

※この記事は過去に運営していたブログに掲載していたものです。

よって不自然でつながりのない部分があるかもしれませんが、内容そのものには問題はありません。

 

マネー・ボール読書録①

 

「マネー・ボール」というメジャーリーグ・アスレチックスのジェネラルマネジャー、ビリー・ジーンの手腕ぶりを描いたノンフィクションの本だ。野球が大好きで、読書も好き。おまけにビジネス書を読むのも嫌いではない俺からすると、どうして今まで読んでいなかったのか、自分でも不思議なくらいうってつけの一冊である。

さっき届いて、読み始めたばかりなので第2章までしか読めていないが、面白い。

未読の方のために、主なネタバレになるようなところは伏せておくが、ヤンキースの3分の1程度の総年俸というアスレチックスのジェネラルマネジャーとなったビリーが、「資本による大掛かりな改革が望めないのなら」「金に依存しない方法」として、現場スカウトたちをはじめとする人々の野球観そのものの根底を見直し始める話だ。

たとえば、選手の足の速さの市場価値を再検討したり、中級のメジャーリーガーと上級の3A選手の本質的な違いは何かという詳細の見直しである。

この固定化されつつあった、物の見かたに囚われず、多角的に見直していくビリーの手腕が面白い。このあたりは、ノムさんがよく口にしている「固定観念は悪、先入観は罪」という考え方に通ずるものがあるんじゃないかな。

 

また、まえがきにあったチームの1勝を増やすのに費やした計算というのも興味深いデータだった。

オリオールズやレンジャーズが1勝を増やすのに300万ドル使ったのに対して、アスレチックスは50万ドルにとどめているというものだ。

工夫、見直し、分析でこれだけ削れるということなのだろうか。これは規模を無視すれば、どんな仕事にも置き換えて考えることができるはず。弊社でも取り入れたいものだ。

 

また2章までに出てくる名前で「おっ」となったのは、ケビン・ユーキリスの名前があがったときだ。10年間メジャーリーグでバリバリ活躍して、最後は楽天イーグルスで引退したプロ野球ファンにも馴染み深い選手だね。マネー・ボールの中では「四球のギリシャ神」と呼ばれている。

 

うーん。面白いね。限られた資金の中で、勝つために必要なだけの優秀な兵士をかき集め、マネジメントしていく創意工夫

先を読んで、無駄のない一手を打っていく。まるで将棋のプロのようで格好良い。

 

マネー・ボール読書録②

第3章にはいると、物語はビリーの現役時代へと場面が戻る。例によってネタバレは回避したいので詳細は省くけれど、ビリーの本質と彼以外のすべての人々が下す彼への評価との隔たりがあまりにも大きく、葛藤するビリーの心の揺れを現す描写が続く。読み進めていくと、ふと太宰治の短編小説「トカトントン」が思い浮かんだ。

 

たしか20代半ばの青年が主人公の物語で、青年がやる気を起こして頑張ろうとするたびに「トカトントン」という不思議な音が聞こえてきて、やる気をしぼませてしまうという話だったように思う。

 

別にビリーがそんな奇怪な音を聞いたといっているわけじゃない。だが、若き日の彼が「打てない」葛藤から抜け出そうと工夫をするたびに、何かしらやる気を 奪うような出来事(もっとも本人の不注意によるミスなどだが)が起こって、だんだんとプレイヤーとしての熱を失っていくのが、俺にその小説のような印象を 与えたのかもしれない。

 

4章になると、ある男にスポットライトが当たる。男の名はビル・ジェイムズ。彼は自費出版で野球に関する持論を展開するのだが、その内容が実に興味深い。 エラーの定義についての考察や、マイク・シュミットがカブス戦にしか出場しなかったらどんな成績になるかなどといった、実に変わった野球観を持っていたからだ。ジェイムズの初の出版物はわずか75部しか売れなかったが、それでも彼は大喜び。さらにどんどんと書き、次々に出版していく。そのたびに売れ行きは 少しずつ上がっていったという。

 

このジェイムズの野球の観方は本当に参考になると思った。想像力を練って、野球をありとあらゆる方向から眺める感じは俺が見習うべき野球観戦スタイルそのものだった。興味の無い人からすれば「バカバカしい」と一蹴されてしまいそうなへんてこなテーマを、無理やりこじ開け、広げていくジェイムズの野球への情熱には、ある意味でビリー以上に共感させられた気がする。

 

何だか4章は特に影響を受けそうなところだなあ。読んでいて、「これだ!」感がめちゃくちゃ強くなった気がする。野球に対して異常ともいえる情熱を注ぐ男 のエピソードはモチベーションを著しく上げてくれるようだ。

 

読書録は読み終わるまでつづきます。

 

マネー・ボール読書録③

読み進めてはいるものの、依然としてジェイムズのエピソードが続いている。

しかし、俺的にはこのエピソードはかなり心地よくてたまらない。当時の常識に縛 られ、本当の意味での自由を見失い、本当の楽しみや喜びを見失ったまま、それにも気づかない大勢の人々の目を覚まさせていくジェイムスは実に格好いい。

 

世の中の大半は多数決だ。それが民主主義というのなら否定はしない。しないが、それが「面白いのか」「面白くないのか」という二択に迫った場合、答えは大 きく変わってくるに違いない。圧倒的多数が「常識だ」という事柄でさえ、判断基準を変えればたちまち変貌を遂げていく。これがこの章の肝だと思う。

「一般的に常識とされているから」という固定観念がもたらすことは、意識の外側で大きな損失が発生しているのにそれに気づくことすら出来ない不運であることを改 めて痛感した。

 

大勢が追いかける常識が本当に正しいのかどうかを、一旦立ち止まって冷静に吟味できる人こそが本質にたどり着くことが出来、それが出来なければ一生本質を垣間見ることすら出来ないと知った。これはその他のことにも当てはまるだろうし、それに気がつかなければならないことだと思った。

 

うーん、このマネー・ボールなんて読み応えがあって、面白いんだろう。勢いあまって野球抄もアマゾンで買っちゃった。全部英語で読めそうもないのに。。。辞書片手に頑張って読んでみようっと。早く届かないかなあ。それまでにマネー・ボールを読破しなくては!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です