ラジオ好き10年目を越えたので好きなラジオを紹介する

「レディオが好きでさ~」「うん、ラジオって言いな

 

ちゃんとテレビを観なくなってから、そろそろ丸10年が経過しようとしている。

 

なぜテレビを観なくなったか。ラジオの魅力にとりつかれたからだ。

 

 

 

ラジオは当然音声のみで楽しむメディアだ。だから、パーソナリティの話術の上手さがダイレクトに届く。ごまかしがきかないから「ラジオで面白い人は本当に実力がある」と言っていい。雑じり気なしの面白さを求めるなら断然ラジオだ。

 

「くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン」

俺が好んで聴いていたのは、くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン」だ。

 

高校中退してからの約半年で俺が唯一心から安らげた時間が毎週火曜日の午前1時からの2時間だった。

 

安らぎを求めて、録音したのをiPodに入れて何度も何度も繰り返し聴いた。

 

好きだった回は有田と上田が高校時代・ラグビー部の話をする済々黌ラグビー部祭り」とか「ゲスト古坂大魔王」とかかな。

 

あとは大御所(デヴィ夫人や堺正章)をゲストによんでリスナーから募集した質問をする「ぱねえ(半端ねえ)質問」も最高に笑った。

 

コーナーでいえば「上田晋也のオシャレだからねぇ」(ファッションセンスが壊滅的な上田の服装をリスナーがいじり倒すネタハガキが大量に読まれた。その際、有田がネタハガキ上での上田を演じるのだが、俺はそれが大好きなのだ)が地味に好きだったな。

 

俺はこのラジオのおかげでどん底にいた時でも笑うことが出来たのだ。

 

去年一夜限りの復活が2回あったのもしっかり聴いた。

 

Twitter上で同番組の有名リスナー(ハガキ職人)の方々と絡みながら、噛み締めながらくりぃむしちゅーのふたりのトークを満喫した。破天荒なハガキやメールがどんどん読まれ、番組の人気がちっとも衰えてないことが証明された。

 

 

「松本人志の放送室」

 

くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン以外に聴いていたのは、「松本人志の放送室」ね。

 

ダウンタウン・松本人志と幼馴染みの放送作家・高須光聖によるラジオだ。気心の知れた関係だからこそ出来る、共通の思い出話が聴けた。

 

放送室で何気に一番笑ったのが、第191回の各家庭の独自のしきたりみたいなのを話す回で、高須家では先にお風呂に入った人は他の家族に「お先にご無礼しました~」と言うというエピソード。直後に松本にネタにされるのだが、それがまあ絶妙な塩梅で面白かった。なぜかその回が一番印象に残っている。

 

「金田朋子と保村真のエアラジオ」

 

この声優さん2人によるラジオを、何がきっかけで聴きはじめたのか、まったく記憶にない。

 

しかし、初めて聴いたときの衝撃は今でも忘れない。タイトルコールでいきなり聴こえた金切り声に、ラジオが故障したのかと思った。

 

当時、俺は金田朋子の特殊な声質を知らなかったのだ。「な、何だコレは!」と思いながらも、すぐにふたりのトークにハマっていった。

 

エアラジオは、金田朋子の意味不明なエピソードトークに、保村真が振り回されながらも少しずつ返し方、スルーの仕方などを身につけていく成長物語である。

 

何回だったか忘れてしまったが、金田朋子がマスオさんの物真似をする回はとても面白かった。

 

 

その他にも、伊集院光、爆笑問題やバナナマン、おぎやはぎ、アンタッチャブルなどのJUNK系列もたくさん聴いたし、ナインティナインやオードリーのオールナイトニッポンも「これでもか!」というほど聴きまくった。

 

俺のiPodは録音したラジオ音源でパンパンだ。このiPodがある限り、俺はずっと愉快でゴキゲンな時間を過ごすことが出来るのである。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です