思ひ出懐古録 食い物記事

闇鍋に絶対に入れてはいけない食材を教えてあげるから聞いて

更新日:

一番ヤバかった食材は枝豆

 

「どうして?」って思うでしょ。

 

他の食材と比べても主張の少ないものだもんなあ。

 

でも、枝豆を入れたヤツ以外の全員が「これは一番ダメだ」と口を揃えたね。

 

何故か。

 

あろうことか、枝豆を皮ごと鍋に放り込んだからさ!

 

ただでさえ鍋の中はカオス状態。

 

俺が入れた梨や他のヤツが入れた豆大福やモツ、ゴーヤ、正体不明の白身魚がそれぞれ一斉に「俺はここだ!」と自己主張しているのだ。

 

もう鍋の中のスープは「甘味・酸味・辛味・苦味」が入り乱れていた。

 

そこに皮ごとの枝豆が入るとどうなるか。

 

まるで生ゴミのような不気味な味わいになるんだね。そもそも枝豆の皮は食べられず、捨てる部分だし。

 

まとめ

 

大の男が集まって、ヒィヒィ言いながら無事完食(スープも一滴残らず飲み干した)。

この闇鍋で学んだことは、

 

  1. 皮ごとの枝豆は食べられない。
  2. バナナは火を通しても結構旨い。(主食にしているところがあるんだから当たり前か)
  3. 梨は煮ると大根みたい。
  4. どんな味つけでもウインナーは安定感抜群。
  5. 食べ物で遊ぶとこのような罰が当たる。

 

以上の5つだ。

 

結局、闇鍋を完食後にノーマルな鍋をしたんだけど、春菊や豆腐がベラボウに旨かった。

 

鍋は普通に食べるのが一番美味しい。皆さんも闇鍋をするときはご注意を。

 

 

 

 

-思ひ出懐古録, 食い物記事

Copyright© 懐古どぶろぐ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.