洋楽をほとんど聴かない俺によるお気に入りの洋楽ベスト6

外国語がわからないので洋楽はあまり聴かないのだが、

こんな俺にも好きな洋楽の4曲や5曲はあるわけだ。

今回はそれらについてパパパパパと簡単にご紹介していこう。

 

Daydream Believer  The Monkees

今だったらタイマーズのカバーで有名だね。清志郎さんの声も好きだけど、洋楽縛りなんでモンキーズを。
中学の時の英語の先生が、「英語は実際に使って話してこそ身につく」って指導をしていた。そのときに「英語に慣れよう」ということで教わった洋楽がコレだった。たしか邦題が「寝ぼすけジーン」がどうたらこうたらだったような気がする。英語の意味はわからないなりに、何となく寂しい歌だなと思っていた。
ちなみに英語はまるで身についていない。

 

 

Hello, Goodbye     The Beatles

この曲も中学の英語の先生が教えてくれた。
「チグハグな男女のストーリー」程度の認識しかなかったんだけど、「あっ、凄い聞き取りやすいしわかりやすい英語」って初めて思えた洋楽。
いたるところでビートルズが英語の入門的にすすめられている理由がわかったような気がした。
ジョン・レノンは自分が作った曲が追いやられたために、この曲が好きじゃないみたいだな。まあ、俺の知ったことではないんだけどね( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

Keep yourself alive   Queen

トヨタのCH-RのCMで流れてるね。歌詞の内容も、曲もなかなか熱くてとても格好いい。
もちろん技術的なことなんかはまるでわからないんだけど、聴き心地の良いメロディで大好き。
和訳する人にもよるんだろうが、歌詞の絶妙な泥臭さも好みだ。
仕事の合間に聴いてる回数がここ数日で一番多いのがこの曲だ。

 

Stand by Me      Benjamin Earl King

重厚なベース音のイントロだけで「あっ、聴いたことある!」ってなることは間違いない名曲だね。
スティーブン・キングの「Stand by Me」は読んでいるし、映画も観ているし大好き。
でも、歌はもっと好きです。
それにしても原作「Stand by Me」のもともとのタイトルが「死体探し」っていうのを知ったときは驚いたなあ。内容的には間違いじゃないし、ぴったりだと思うんだけどあまりにもストレートすぎやしないかキングよ。あっ、原作もキングで主題歌もキングか。今気づいた( ̄ー ̄)ニヤリ

 

Stuff is Messed Up       The Offspring

気まぐれで買った「Rise and Fall, Rage and Grace」ってアルバムで「おおっ、格好いい!」となったバンド。
HammerheadやTrust in youも格好良くて大好きなんだけど、Stuff is Messed Upが一番好き。
ちなみにこのアルバムはまんが喫茶でバイトしているときの俺のテーマ曲だったな笑
愛車「鉄の棺桶号」にアルバム積んでバイトに向かいながら聴きまくってテンションを上げるのに役立てた。

 

 

by the way       Red Hot Chili Peppers 

あれはたしか高校中退する1年くらい前だったか。今でも交流のある友人(AVメーカーの営業マンをしながら芸能関係に顔を売っている男)から「Red Hot Chili Peppersっていう格好いいのがいるから聴いとけ」とアルバムを強引に貸し付けられたのがきっかけだったように思う。何でこの曲が一番のお気に入りになったかと言えば、当時俺自身がバンドでベースを担当しており、なおかつby the wayがド素人の俺でも「あっ、ベース音がハッキリ聴こえて格好いい」と思えたからである。
ちなみに俺はベースを演奏することが出来ないにもかかわらず、3つのバンドでベースを担当して演奏を台無しにする役をしていた。

 

こんな感じだ。

意外と文量がかさばってしまったが仕方ない。

聴いたことないものがあればぜひ一度聴いてみてもらいたいと思う。

なお、この記事内に使用した画像にはそれぞれ意味が込めてあるので興味を持った人はアレコレ考えてみよう♪

お気軽にフォローください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です