【読書録】江夏の法則 草野球バイブル

 

変化球を投げられないのに、豪速球だけでゴリ押しして12勝をあげたルーキーイヤー。

 

変化球を覚え、コントロールを身につけシーズン401奪三振のプロ野球記録をつくった2年目。

 

自ら本塁打を放ち、ノーヒットノーランを達成してみせた7年目。

 

南海に移籍し、ノムさんに口説かれストッパーに華麗なる転身を遂げた11年目。

 

「相手を読む」ことで後に「江夏の21球」と呼ばれる瞬間的スクイズ外しを成し遂げた13年目。

 

年数を重ねるごとに進化してきた江夏は、プロ野球界において20世紀最高の投手として選出された。

 

そんな、「ねじ伏せる投球」でも「相手を読みかわす投球」でも凄みを見せ続けてきた男による「草野球バイブル」である。興味をそそられないわけがなかった。

 

 

 

細かく章が区切られており、「投げる」「打つ」「守る」「走る」「考える」の5つの章がある。

 

本格派、軟投派変幻自在の進化を遂げた江夏の視点から、ボールの握り方やバットの握り方など基礎中の基礎を細かく、理路整然と語られているので読み応え充分。

 

さらに自らの体験談やプロ野球選手の逸話などが織り交ぜられており、プロ野球好きであるなら大喜びするような必読の書といえるだろう。

 

中でも面白いと思ったのは、ノムさんこと野村克也との共通点だ。

 

 

ノムさんとの共通点

 

読んでいて「おっ」と思ったのは、

 

「制球力の重要性を口酸っぱく説く」ことや(投球)モーションに入ってから右目でバッター、左目でキャッチャーを見る」ことなどがある。

 

このふたつは特にノムさんも同じようにやっていた記述がある。(ノムさんも片目で打者、片目で投手を観察していたという。)

 

そうなると、江夏が南海にいたとき、ふたりがバッテリーを組んだ試合では、相手打者はふたりに片目ずつ、合わせて2個の目で終始観察されていたということか。

 

前門の虎、後門の狼に挟まれてたのかな。そりゃやりづらかったろうなと月並みな感想を持った。

 

やっぱり深く考えて、突き詰めながらやってくと思い至るところは似通ってくるのかなあ。

 

それから、記述されているわけではないけど俺が勝手に感じ取ったふたりの共通点は、「実力や実績の凄さほど報われていない感」である。

 

 

片や200勝200セーブ目前(206勝193セーブ)。

片や捕手で3000試合出場657本塁打2901安打。

 

これほど素晴らしい実力を持ち、凄まじい実績を残しているにも拘らず、「あれ? もっと評価されてもよくないか?」と思ってしまうツートップだ。

 

でも、それも仕方がないことなのかもしれないな。同時代にONという強烈な太陽みたいなコンビがいたからなあ。

 

対峙するものを否応なしに影に変えるほどの圧倒的存在感だもんなあ。

 

やっぱりONの輝きは反則級だよなあ。

 

まあ、この共通点に関して言えばふたりに限った話じゃないか。

 

同時代のON以外すべての選手に言えることかもしれない。(中には例外もいるけど)

 

 

 

江夏が選ぶプロ野球ベストナイン(※1997年あたり)

 

それから、草野球とは直接関係ないけど俺のテンションがあがったのがコレ。

 

江夏が選ぶ当時のプロ野球ベストナイン。

 

1番 センター イチロー

2番 ショート 松井稼頭央

3番 ライト 松井秀喜

4番 ファースト清原和博

5番 サード  江藤智

6番 レフト 金本知憲

7番 セカンド 小久保裕紀

8番 キャッチャー 城島健司

9番 ピッチャー 桑田真澄

 

こういうのってそれぞれの視点から考えて、バランスを見たり、自分なりのチームカラーを考えたりしながら選ぶから面白いんだよなあ。

 

同書で拾った小ネタ

 

がっつり掘り込んで考え込んで書くようなことではないんだけど、面白いなと思った小ネタを並べてみよう。

 

  1. 「ビートたけし氏の得意のボールがスライダー。スピードはなくともスライダーを駆使した老獪な投球はなかなかバッター泣かせだ」との記述あり。
  2. あとがきにて、当時江夏が監督をしていた草野球チームの名前は「ビックリ・サマーズ」。
  3. メジャー挑戦直後に結成した江夏の草野球チームは、最初の対戦でたけし軍団と戦い惨敗し、そのまま自然消滅した。

 

意外にも「ビートたけし」「たけし軍団」など、お笑いKGB会員としてもテンションのあがるフレーズが見つかったのも嬉しいところ。

 

かなり久しぶりの野球関連記事になったな。

 

高校野球も盛り上がっていて、俺もテレビにかぶりつくようにして観ているというのに全然触れられてないな。。。

 

広陵の中村くんの話とかボールが変わったんじゃないかとか9回裏2アウト逆転劇の話とかしたほうがいいのかもしれないなあ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です