駄菓子再び② ~麦のように強くなるんじゃむぎチョコ編~

今回もいただいた駄菓子を喰らっていこうかね。

 

それでは感謝しながら、いただきます!

 

むぎチョコご降臨

高岡食品工業には、むぎチョコといちごむぎと言う、最高に旨い駄菓子がある。

 

前の駄菓子企画の際には、いちごむぎの方しか食ってなかったので、今回はむぎチョコをメインに進めていくことにしよう。

 

 

両者の違いは、当たり前だが、チョコ味といちご味との違いだ。

 

 

駄菓子としての名称の表記も異なり、むぎチョコは「◯準チョコレート」いちごむぎは「菓子」なのである。むぎチョコはわりと細かい表記なのに、いちごむぎは何故か大雑把な表記。生真面目なベテランの自己紹介と、「人類、みなファミリー! バイブス、バイブス」な若者の自己紹介くらいの違いだろう。

 

さて、むぎチョコを食らおう。

 

いちごむぎでも書いたが、俺はむぎチョコやいちごむぎのような駄菓子も大好きなのだ。ちょっと気分は高揚している。

 

 

実食!

 

いやあ、開けた瞬間に広がる甘い香り。来たぜ、来たぜ、おい。ココアパウダーやら何やらの甘い香り。たまらないな。

 

 

みよ、大小さまざまな姿カタチのむぎチョコたちを!

 

このちょっと前に流行った「皆違って皆良い」ってフレーズを思い出さずにはいられない。

 

とりあえず、でかいのを放り込む。

 

うん、甘さとほんのりとビターね。何によるビターなのかは不明だが、ちょっと大人っぽくてステキ。それと、むぎチョコ特有の食感もいいね。「アラビアガムっていう増粘剤の効果なのかな?」なんて思うけど、どうなんだろう。(アラビアガム→切手の接着面の糊にも使用されている。byウィキペディア)

 

とにかく旨いね!

 

 

あと、こんな食い方も子どもの頃してみたかったのを思い出したのでやってみた。

 

 

むぎチョコ×いちごむぎの一気食い。

 

 

旨い。旨いは旨いけど、いざやってみると別々に食った方が旨いかもしれない。

 

個性が死んでしまいかねないな。旨いんだけど、「組み合わせたのに、スケールが変わってないな」感があるんだ。

 

余談1
余談だが、むぎチョコといちごむぎは原材料に違いがあり、栄養成分にも違いがあるのだが、エネルギーに関しては63キロカロリーで同じである。

 

余談2
余談だが、むぎチョコに比べていちごむぎの袋は開けづらい。

 

 

今回もごちそうさまでしたm(_ _)m

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です