スポーツ観戦

初めての相撲テレビ観戦 初場所

投稿日:

とりあえず録画しておいた相撲が、ちょうど初場所だというので観てみた。

 

正直言うと、生まれ落ちて30年経とうとしているけど、一度たりともキチンと相撲を観たことはない。草相撲をとることはあっても、観ることは一度もなかった。せいぜい曙がボブ・サップやボビーと戦うときに、煽りVで流れる「四股を踏む勇ましい64代横綱の図」やスポーツニュースで流れるのをちらっと観る程度のことだった。(あとは昨年のように角界で何かしら問題が起こったときにスポーツニュース以外のニュースで見かける程度である)

 

だけど、やっぱり国技だから、観とかないともったいない気がしてきた。

 

とりあえず初場所スタートの挨拶みたいなのから全部録画しておいたのを観つつ、気になったことをメモをとったので、それを書き出すと同時に調べつつ記録しておこうと思う。

 

 


気になったメモ

 

・まず挨拶をする八角親方を観て「あっ! ニュースに出てた人や!」と変なタイミングでテンションが上がる。

・あれだけ大問題で揉めまくっていたのに両国国技館が「満員御礼」だったのには驚いた。

・まだ日馬富士のパネルが貼られていてまた驚いた。

・休場の力士の紹介を眺めていて、不整脈で休場しているという豊響は大丈夫だろうか。

・東と西に分かれているけど、どういう意味?

→江戸時代くらいに「近江(滋賀県)の以東を「東方力士」と呼び、以西を西方力士と呼ぶようになった」らしいのだが、現在は力士の出身地に関係なく番付は前場所の成績順によって決められていて、東方の力士が上位になっている。(引用元:話のネタ様)

・まわしの色は好きなのを選ぶんだろうか?

→一応は紺色や青系統の色のものが推奨されているらしいが、現在では好きな色を選ぶ事ができるみたい。

・十両ってなんだろ→関取のうち幕内じゃない者→幕内って?→大相撲内にある6つのリーグのうちで最高級のリーグらしい(byウィキペディア)

・永谷園がサブリミナル効果的に刷り込まれてくるなあ。(お相撲さんが永谷園のCMをしているのは、タニマチ的な関係があるからかなあ)

・旭大星、良い面構え。入門してすぐは「米好き」を自称しながらも丼1杯でお腹いっぱいになっていたそうだ。

・栃煌山→化粧廻しが気になる。川瀬巴水っぽいけど、違うのかなあ。

・北斗の拳の化粧廻しが格好いい。

・高安の勝ち方が柔道みたい。

・安美錦の哀愁。

・後半で解説?にきてた北の湖が急にマフラー(本人は襟巻と言ってた)をして、「ここ、寒くない?」と言っていた。風邪が心配。

・稀勢の里と貴景勝のお相撲も面白かった。俺の初めての物言い。横綱と貴乃花部屋の力士の相撲ってだけでも「おおっ、面白そう!」となるのに、さらにここで別件で問題を起こした式守伊之助の代わりに入った式守勘太夫による差し違え。相撲観戦ド素人の俺をある意味で一番興奮させた瞬間だったかもしれない。

 

 

気になった力士

石浦→少し小柄。肩透かし→下手投げ?→寄り倒しで豊山に勝つ。よく土俵で動きまくるので素人にも面白く思えた。

阿炎→四股が高い。(北の湖も褒めてた)負けてしまったが、親方ゆずりだという突っ張りが派手。

とくにこの2人が気になったのだが、まさか2日目にいきなり戦うことになるとは。今日の取り組みも楽しみ。

 

石浦は調べてみると野球をやってて、左腕エースだったみたい。趣味もキャッチボールらしく、それを知った途端更に応援したくなったね。しかも、学生時代から運動神経抜群だったみたいで、スクワット260kg、ベンチプレス200kgと力は当然ながら、高校時代の50mのタイムが6秒3。「力士はアスリート」という考え方から、理論的なトレーニングを行なっているとのこと。こういう意識を持ったスポーツ選手は純粋に応援したくなる。また、20キロ圏内ならばスポーツタイプの自転車で移動するようにしているという。(ウィキペディアより)

 

また、秋刀魚の蒲焼(の缶詰)や納豆、塩サバをこよなく愛していることから、食の面でも勝手に親近感を覚えている。

 

一方の阿炎は187センチと大柄な力士。23歳と若いし、派手。素人目にも「これで実績が追いついてこれば人気出るんじゃねえか?」と思った。

 

 

まあ、今は暴行事件でいろいろな情報が交錯しているが、相撲は相撲として観たいもんだ。(個人的に暴行事件云々に関しては貴乃花親方を応援してるけどね)
いろいろ言われている内容も調べて知っているけど、とりあえずそれは置いておいて、しばらく相撲をシンプルに観戦していこうと思う。

もちろん貴ノ岩は完全に被害者だし、貴乃花への処分は相撲を知らなくても酷いと思うし憤りも感じる。だけど、正直、新参としては誰が正しくて正しくないのか推測するのも難しいのだ。流れている情報が全部本当である証明も、全部嘘である証明も出来ないからね。だから、俺は何も信じないし、疑わない。ひとつの情報として受け流すだけ。

 

事件の事実関係云々は、俺の考えることではないし、わからないので一旦頭から外す。ただ面白い相撲がみたいだけってことでよろしいかしらね。

 

 

-スポーツ観戦

Copyright© アンチ徳島漫遊記 , 2018 All Rights Reserved.