初めての相撲テレビ観戦 10日目 

今回で10日目になるのか。

今場所はじまるまで一度たりともちゃんと取組を観たことがなかった俺からしたら、かなりどっぷり相撲を観てるよなあ。

あと、相撲観戦のなかで密かに楽しんでる相撲に関係ない遊びがある。お客さんウォッチだ。この前のように、ぺーパー夫妻や西川史子のような有名人がいたり、金ピカの扇子持ってハットかぶったじいちゃんがいたりするのを眺める遊びだ。これがなかなか楽しいもんで、取組以外でたまに一時停止するくらいの驚きというか、楽しい発見があったりする。

 

何年か前にデレク・ジーターが観に来てたっていう記事を読んだことがある。そんな大物が紛れ込んでないか、ウォーリーを探せ的な感覚で楽しんでる、相撲観戦ド素人です。

 

 

気になったメモ

 

 

・初っ端、昭和51年の麒麟児の取組を流してた。そこに当時横綱だったらしい北の湖が出てるんだけど、この人ってちょっと前の相撲協会理事長の人か。あっちで「ちゃんとしろよ」って言ってるかもしんないな。あと八角理事には「お前さんも大変だな」って思ってるだろう。

 

・花のニッパチ五人衆:若乃花、北の湖、金城、大錦、麒麟児の昭和28年生まれの五人の力士を指すらしい。

 

・昭和51年、62年の取組をいくつか観たんだけど、勝った力士が相手を起こしてあげてるよね。今はこういうのあまり観ないけど何でだろう。パッと手を差し出してるのが思い浮かぶのが栃ノ心くらいだもんな。今は馴れ合わず、勝負に徹する時代なのかな(こういうのを馴れ合いというのかは別にして)。だとすると、感覚的に現在のプロ野球とは逆の流れ。どっちが良いとか悪いとかはないけど、面白いくらい対照的な両世界。

 

・阿炎VS豊山:幕内としては初顔合わせ。十両では先場所に豊山が押し出しで勝ってるらしい。

 

・豊山の激しい攻めに阿炎が土俵を割りそうになったものの、何とか回避。だが、体勢がやや崩れていたところを押し倒されてしまった。豊山の勝ち。

 

・10日目は四股も観られなかったし、負けてしまうし、がっかり。11日目がんばろう。

 

・石浦VS豪風:小兵同士の取組。

→石浦が低く突っ込んだところを豪風が捉えて、一瞬のうちに叩き込み。思わず石浦両手をついて、跳び箱を跳んでるみたいになった。

 

・安美錦が帰ってくるのか。おかえりなさい。さいとうたかをが応援してるぞ。

 

・10日目に土俵に上がると、寺尾を抜いて通算土俵入りの回数が単独4位になる。1379回。

 

・しかし、安美錦、両膝がぐるぐる巻きだな。大丈夫ではないだろうな。

 

・よく見ると力士の指ってテーピングだらけだな。きっと突き指いっぱいしてバキバキになるからだろう。あんな巨大な筋肉の塊が突っ込んでくるのを、主に手で張ったり突いたりしながら迎え打たなきゃいけないんだもんな。当然か。

 

・安美錦VS千代翔馬→勝負の世界はとてつもなく厳しい。安美錦を千代翔馬がすぐに寄り切った。

 

・やっぱり宝富士の右乳首の横に絆創膏。本当にどうしたの?

 

・魁聖は205キロもあるのか。そんな巨体を宝富士が事も無げにすくい投げ。スゲェ。

 

・千代丸と勢の一番。

 

・するどく突っ込んできた勢を、一旦受け止める千代丸。そして、2,3回押し返して、再び攻め込んできた勢をパッと引き落としした。千代丸は巨体からは想像もつかない器用なお相撲をとるなあ。

 

 

・遠藤VS松鳳山

→松鳳山が両手突き、突っ張りなど激しく攻め立てたが、左手を差すのが得意らしい遠藤が理想的な形にして寄り切って勝利。このように得意な形に持ってくことを十分っていうらしい。ちょっとは勉強した。

 

・栃ノ心VS琴奨菊:ここまで8勝1敗の栃ノ心は、インタビューで「優勝争いも中心になってくるのでは?」と聞かれても乗ってこない真面目な怪力力士。

 

→栃ノ心にとって琴奨菊は大きく負け越している苦手な力士。だけど、しっかり組み合い、持ち前の怪力を発揮。そのまま寄り切った。いきなり左の上手を引く栃ノ心。工藤隆一の著書にも「左で上手を取ったときに無類の強さを発揮する――」と書かれていたが、そのとおりの展開となった。これで栃ノ心、9勝1敗。

 

・栃ノ心が左の上手を取ると、相手力士は動けなくなるらしい。凄まじい怪力。

 

・あれ? 阿武咲は休場なのか。→右膝後十字靭帯損傷という、いかにもヤバそうな怪我らしい。お大事に。

 

・高安、意地の勝利。横綱を2人も欠いた現状では、特に大関も負けられないわなあ。大関も楽じゃないね。突っ張り合い→左差されながらも押し出したな。

 

・鶴竜、送り出しで10連勝。負けないねえ。だからこそ、横綱たる存在みたいなことなのかな。

 

 

 

MaM1453

会員番号1453(マック赤坂見附) お笑いKGB会員番号1453。 川柳を頑張ったところ、偉いお殿様からお名前をもらえたラッキーな三十路。野球や格闘技が大好き。157センチとお手軽。人見知りの目立ちたがり屋。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です