初めての相撲テレビ観戦 12日目 

もう大相撲 1月場所も終わりが見えてきたな。

 

それで3月場所について調べてみたら、次は大阪場所らしい。大阪か……手軽に行けてしまう距離と土地だな。住んでたし、今でも結構訪れる地だし。しかも、大阪府立体育会館(現エディオンアリーナ大阪)は難波だろう。チケットさえ入手出来たら即行けるなあ(いや、3月は片付けなきゃいけない諸々の仕事があるから、問題は山積みだな)。

 

1月にあったビートたけしのほぼ単独ライブは血涙を流して見送ったからなあ。そろそろ俺は俺にご褒美を与えてやっても良いんじゃないのとは思う。

 

実際に観戦に行くかどうかはさておき、まず俺は目の前の取組とひとつ、ひとつ観ていくだけ。ただそれだけ。

 

 

気になったメモ

 

 

 

・2日連続で録画ミス。「予約の開始が遅れました」の謎表記。昨日は30分録画出来てなかったのが、今日は1時間録画できておらず。泣く泣くアプリの小さい、小さい映像で前半1時間の取組を見ることになった。

 

・石浦VS英乃海:石浦、UFCの選手がパンチを入れるときのような具合に張る。が、英乃海、構うこと無く寄り切った。どうやら張りが目付近に当たったらしく、英乃海が気にする様子があった。

 

・錦木VS輝:なかなか両者粘る展開。土俵の真ん中で静止しつつ、互いに得意な差しを手繰ろうとしている。一瞬のスキを突いて、錦木寄り切った。

 

・その後、いくつかの取組を続けてみたが、12日目は疲れが出始めたのか淡白な取組が多いように思えた。

 

・豪風VS安美錦:楽しみにしていたベテラン同士の取組。

 

・んー、やっぱり安美錦は足の踏ん張りが全然きいてない気がするな。豪風の勢いを止められないまま、為す術もなく突き出された。わずか8秒の取組。

 

・松鳳山VS蒼国来:松鳳山がしつこく突きながら追う。それを嫌がる素振りを見せた蒼国来、松鳳山の左腕を取るが、松鳳山は構わず今度はまわしに手をやり、振る。最後は寄り倒しへ持っていくなど、終始いろんな角度から攻め続けた。松鳳山の粘り勝ちか。

 

・阿炎VS千代丸:この取組も楽しみにしていたんだけどなあ。。。

 

・両力士ワインレッド的な色合いのまわし同士。見かたによっては「あなたとあたしさくらんぼ」状態でもある。

 

・阿炎の張り、突き、挙句は身体まで使っての攻めの手。ずっと攻撃を緩めなかった阿炎が千代丸に何もさせずに押し出し勝利。

 

・栃煌山は左大胸筋の肉離れのため、休場。これで豊山は勝ち越しのための貴重な星を手にした。納得の行く形ではないだろうけど、星は星だ。

 

・さて、ここからは録画出来てたのでアプリ→テレビ画面。やっぱりデカイ画面が良い。

 

・東京は48年ぶりのマイナス4度だったらしい。日中の最高気温も4度と非常に寒い一日。もしかすると、この急で強烈な寒さが取組の多くを淡白にしたんじゃないかな。

 

 

 

 

・ん? 客の中に袈裟きたお坊さんがいるな。お葬式の帰りなのかな。

 

・北勝富士、見事な引き落としで勝った後、土俵下に落ちた勢に手を差し出していた。なんだ、今もこういうのあるんじゃないか。

 

・逸ノ城が、まるで悪役レスラーのような勝ち方をした。嘉風を捉えてから、喉輪をあてがって持ち前の怪力で硬い土俵に叩きつけるようにふっ飛ばした。なぜかドン・クリークを思い出したが、そんなシーンがあったっけな。技というよりも、力一辺倒な感じだ。そんな逸ノ城は明日、栃ノ心とか。見ものだぜ。

 

・貴景勝は引き落としやら叩き込みやらを食らっても、ぐっと耐えてるな。背筋とか腰とか大丈夫なのかな。

 

・腕組みして座ってる栃ノ心が、ラスボスみたいなオーラを発してる。こりゃ、気合が入っているなあ。

 

・栃ノ心VS玉鷲:前日に鶴竜を倒して勢いに乗ってる玉鷲。そんな強敵を迎えて気合十分の栃ノ心。

 

・なんでも、栃ノ心は昨日(11日目)、国技館から帰るときに両国の薬屋の前を通ったときに、そこに置いてあるテレビが相撲中継を流してて、そこで玉鷲が鶴竜に勝つのを観たらしい。→そうそう。テレビじゃないと実況と解説がないので、こういう情報が得られないんだよな。アプリだけじゃダメなんだ。。。改めて実況者と解説者のありがたみを知ったわ。

 

・なかなか拳をつかない両力士。栃ノ心、一度つけるも玉鷲がつかないのをみると一旦戻した。ややどよめく場内。こんなのはじめてだ。

 

・途中、玉鷲も攻め立てて一瞬ヤバイ場面もあったんだけど、栃ノ心が持ち前の馬力で粘って寄り切って11勝目。玉鷲の喉輪気味の突きをもらいながらも前進を止めず。まるで巨大な除雪車のような凄まじい馬力。

 

・鶴竜VS遠藤:嗚呼、鶴竜、またしても後ろに下がる悪癖。遠藤が勝利。これで栃ノ心が単独トップとなった。もしかすると、鶴竜はこれまで「無敗である」ことが精神的重圧であり、同時に精神的支柱になってて、それが前日の1敗で折れてしまったのかもしれないな。横綱が意味もなく退いたらダメなんだと思うけど、終わったことは仕方ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

MaM1453

会員番号1453(マック赤坂見附) お笑いKGB会員番号1453。 川柳を頑張ったところ、偉いお殿様からお名前をもらえたラッキーな三十路。野球や格闘技が大好き。157センチとお手軽。人見知りの目立ちたがり屋。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です