初めてのバスケテレビ観戦 Bリーグ 大阪エヴェッサVS琉球ゴールデンキングス 2018.01.19

実を言うと、バスケの試合は生で観戦したことがある。

 

まだBJリーグがあった7年くらい前。インターンシップみたいなので京都ハンナリーズの取材をさせてもらったときのことだ。結局、取材云々はうやむやになってお流れになってしまったものの、生で試合を堪能できたのはいい経験になった。

 

ただ、高校バスケ部御一行さんに囲まれる形での観戦だったので、いざエキサイティングな場面になると「わー!」と興奮した巨大な若人たちが立ち上がって壁になって何も観えなくなるという不運もあった。「デカイなあ」と見上げてた若人たちだったが、当時在籍していた外国人選手たちは更に大きく、衝撃を受けたのを覚えている。

 

そんなことばかりが記憶にあって、内容はよく覚えていない。だけど、なんとなく面白かった記憶はある。

 

それから7年の月日を経て、改めてテレビでの初観戦。

 

 

気になったメモ

 

・大阪エヴェッサVS琉球ゴールデンキングス

 

・両チームのポイントガードに注目しろとのこと。エヴェッサは木下で、ゴールデンキングスは岸本。ポイントガードってどんなポジション?→チームの司令塔らしい。

 

・木下も岸本も180センチあるなし。バスケの世界では小柄な方だと思うから、スピードであったりテクニック重視のポジションなのかな。

 

・観始めたばかりのアメフトに比べれば、かなりルールはわかると思うので最初から楽しめそう。

 

・エヴェッサ:今野、ボマーレ、橋本、根来(主将)、木下。

 

・ゴールデンキングス:マーティン、岸本(主将)、田代、ブラウン、古川。

 

・ボマーレって203センチか。バスケの選手は大きいなあ。

 

・CFはセンターフォワードの略で、複数のポジションをこなす選手のことらしい。

 

・オン・ザ・コート(外国人選手出場枠)→各クォーター2人まで。(1試合計6人まで)また、帰化選手は外国人選手2人との同時出場不可だそうだ。これって、帰化選手からして帰化するメリットは何かあるのかな。日本代表に選ばれるための帰化ってことか?

 

・ゴールデンキングスは守りのチームらしい。アメフトで観たジャガーズみたいな感じかな。

 

・俺はフリースローは得意だったな。なぜか家族で毎日練習してたから。あとは超低い体勢でのドリブルも得意。今は老化ですぐ転ぶだろうけど。

 

・田代って聴いたことがあるけど、弟(元バスケ部)が言ってた人かなあ。

 

・ターンオーバー→オフェンスのミスによって攻守が入れ替わること。

 

・アイラ・ブラウン、スリーポイントシュート綺麗なあ。

 

・ミスマッチとは→マークしている選手との間に、身長の差や、技術的な差があるときのことらしい。

 

・思ってる以上にフリースローを外すもんなんだな。

 

・試合中の作戦会議みたいなの、ものすごく忙しそう。バスケって緻密な作戦があるからそれを決まった時間内で説明して把握させないといけないもんな。

 

・フィールドゴールって何かしら→多分試合の流れのなかで決めるゴールのことかな。

 

・アームストロング、211センチ! ランディ・ジョンソンよりも大きい!

 

・ベンソンも211センチ。2m超える選手がゴロゴロいるんだな。みんな、バダ・ハリのように長身で手足が長い。トーマス・ハーンズみたいなフリッカージャブ得意そうな腕。

 

・古川、フリースロー上手い。

 

・タイムアウト中、ゴールデンキングスのヘッドコーチが最初は日本語で説明してから、今度は英語で説明している。セルフ2カ国語通訳。それと、こんなふうに作戦会議の映像を観せてくれる競技って珍しい気がするな。野球ならあり得ない。

 

・チア的な要素はやっぱりわかりやすく癒やしになるな。目の保養。とくに長時間、筋骨隆々の大男たちのぶつかり合いを観ていると特に五臓六腑に染み渡る。天井知らずの癒やしやでー。

 

・アイラ・ブラウン10得点目。

 

 

 

 

・スリーポイントシュートの成功率30%を超えてるってのはいい数字ってことか。平均が分からないが、野球の打率といいスリーポイントの成功率といい、3割を超えると精度が高い証明になるのかな。ゴールデンキングスにはその30%超えのプレイヤーが9人もいるらしい。→弟に聞いたところ、やっぱり30%を超えるのは精度が高いということらしい。

 

・それにしてもバスケほど頻繁にメンバーが入れ替わり、細かく点が積み重なっていき、また時間に厳しいスポーツは他にあるのかね。

 

・岸本、3回目のスリーポイント決める。

 

・エヴェッサの熊谷、ゴールデンキングスのアイラ・ブラウン、古川が日本代表(候補?)なのか。ワールドカップ的なことなのか、オリンピック的なことなのか。

 

・あっ、観客席にマリオ発見。

 

・実況「マーティンは2メートル3センチと外国人選手としてはそれほど大きくないんですが……」解説「そうですねえ」→俺「えっ、そうなん!?」

→その後、203センチあるマーティンが、まるで「小さいのにアグレッシブに頑張ってて健気なことよのう」みたいなトーンで語るのを聴いて俺、終始びっくり。まるで小兵扱い。このふたりには俺の姿が観えないんじゃないかと半信半疑になった。また、ギャグマンガ日和にこんな感じのネタがあったような気がする。

 

・アイラ・ブラウンも3本目のスリーポイントシュートを決める。(17得点)

 

・3Q終了時にゴールデンキングス59:エヴェッサ36

 

・岸本、スリーポイントシュート4本目を決める。

 

・津山→福岡大大濠出身。去年のセンバツに出てたところだ。俺、めっちゃ応援してたなあ。

 

・ゴールデンキングスが72点、エヴェッサが51点で試合終了。

 

・前評判どおりゴールデンキングスの守りが良かったのだろう。それに加えて攻撃の手を緩めなかったのも勝因らしい。→やっぱりジャガーズに似てる。スティーラーズを倒したときのジャガーズとよく似た勝ち方じゃないか。

 

・結局、岸本は5本中5本スリーポイントを決め、アイラは19得点、リバウンド7,アシスト3という成績を残した。

 

 

 

この試合を観て、「よし、次はNBA観るぞ!」と意気込んでいたんだけど、どうやら今年から(今季から?)BSでは放送されなくなったみたい。。。

 

なんでも楽天が独占なんちゃら契約を結んだためにBSに放映権がなくなったとかなくなってないとかで……。よくわからないけど、とにかくBSでは観られなくなったらしい。

 

ここで熱心なバスケ好きならWOWOWと契約するなり、楽天で観ようとするなりするんだろうけど、さすがにいきなりそこまでは飛べないよなあ。ただでさえ万事に対して腰が重い俺なのに。

 

かわりにBリーグの放送が増えるらしい。でもさ、選ばれし者レブロン・ジェームズは観たかったよなあ。残念。。。

 

 

 

MaM1453

会員番号1453(マック赤坂見附) お笑いKGB会員番号1453。 川柳を頑張ったところ、偉いお殿様からお名前をもらえたラッキーな三十路。野球や格闘技が大好き。157センチとお手軽。人見知りの目立ちたがり屋。

シェアする

2件のコメント

  1. ハンナリーズ懐かしい。夜まで残ってやりましたね。アメフトより、ルールは簡単かも。。NBA一度、生で見たいなあ。

    • 懐かしい。
      なんか学校中の電気消えてたよな^^;
      勝手に居残ってたわけじゃないと思うけど、
      こっそり帰った記憶があるわ。

      NBA、NFLは生で観ときたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です