初めてのサーフィンテレビ観戦 

「雪がめったに降らないからウィンタースポーツに疎いんだい」と誤魔化した前回の俺だが、

 

マリンスポーツにも疎い。スイミングスクールに10年近く通ってたから、水泳は経験したことがあるが、それ以外は皆無だ。

 

俺の住む徳島には、県外からサーフィンをしにやってくる人が結構いる。海岸沿いを車で走ったら、高確率でサーフボード持った若人たちがいるのを何度も見てるから間違いない。

 

何でも徳島の海部あたりは世界でも結構知られた波乗り場らしい。ついさっき知ったよ。。。

 

とにかく地元の情報ですらあやふやな俺が、生まれて初めてキチンとサーフィンを観戦してみる!

 

 

気になったメモ

 

 

 

・西暦400年ごろから、もうすでにサーフィンらしきものがあったらしいね。これが本当なら1600年以上の歴史があることになる。

 

・オリンピックの新種目になったらしい。

 

・サーフィンの最高峰→ワールドサーフリーグチャンピオンシップツアー(CT)

 

・今回はハワイのオワフ ノースショア。サーフィンの聖地らしい。

 

・CTランキング1位(第2戦優勝)ジョンジョン・フローレンス。ハワイ出身。ジョンジョンはハワイの天才と言われていて、年間チャンピオン2連覇がかかってるらしい。

 

・CTランキング2位(第9戦、10戦優勝)ガブリエル・メディーナ。ブラジル出身。ジョンジョン最大のライバル的存在。3年ぶりの年間チャンピオンを狙う。

 

・CTランキング3位(第3戦優勝)ジョーディ・スミス。南アフリカ出身。

 

・CTランキング20位に五十嵐カノア。五十嵐は去年準優勝したらしい。

 

・チャンピオンシップツアーは世界11ヶ所のビーチを10ヶ月かけて転戦する。各大会でそれぞれ獲得したポイントの合計を競う。最も高得点だった者が年間ワールドチャンピオン。

 

・出場できるのは、前年度のCTランキング上位22人とQS上位10人。そして、特別枠4人の合計36人。

 

・QSってなんだろう→WCT(ワールドサーフリーグチャンピオンシップツアーのこと?)の二次リーグのことらしい。

 

・得点ポイントは、技の難易度、多彩さ、斬新さ、技のコンビネーション。→ライディング(波に乗ってる状態?)ごとに10点満点で採点されるらしい。何度か挑戦して、高得点2本の合計で競う。

 

・ノースショアはジョンジョンの故郷らしい。巨大な波が特徴的?

 

・パイプライン→サーファーを包むような大きな波のことかな。

 

・3人の審判のポイントの平均が得点になる。

 

・波に潰されるとポイントは1.00?

 

・ラムネみたいな波が綺麗。

 

 

・クローズアウトは、波が大きすぎてサーフィンが出来ない状態のこと。

 

・バックサイドは波を背中にして滑る技らしい。また、このときにサーフボードの横を掴むのが有効とのこと。

 

・チューブ=筒状の波の空洞を作り出す波のこと?

 

・白波のことを「スープ」っていうのか。

 

・サーフボードは2kg弱。意外と軽くて驚いた。→競技中にボードが折れることがあるのか!

 

・しかし、ド素人の俺が「こいつぁ凄い!!」って思っても全然審判は点数をつけないな。凄いのになあ。

 

・やっぱり、サーフィンやフィギュアスケートのような競技は、ある程度理解してないと「何で点が入るのか」「何で点が入らないのか」がわからないな。最低でも「この技は凄い」くらいは頭に入れておくべきだった。正直、どの選手もめちゃくちゃ凄く観える。俺が審判なら常時8点以上つけるな。。。

 

・結局、五十嵐が準決勝で敗退して、ジョンジョンが2連覇したわけだが、俺は自分の無知のせいでよくわからなかった。

 

・んー、何も知らない状態で観戦を楽しみまくるのにも限度があるみたいだな。もう少し勉強が必要か。完全な空っぽ状態では楽しみきれないのを痛感。。。

 

 

 

 

MaM1453

会員番号1453(マック赤坂見附) お笑いKGB会員番号1453。 川柳を頑張ったところ、偉いお殿様からお名前をもらえたラッキーな三十路。野球や格闘技が大好き。157センチとお手軽。人見知りの目立ちたがり屋。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です