思ひ出懐古録 雑記

狂ったようにプレイを重ねた学校であった怖い話S

更新日:

基本的に一度ハマると、何度も何度も繰り返すようになってしまうお猿さん気質な俺。

そんな俺をドハマリさせたのが、「学校であった怖い話Sというゲームだ。

中毒性抜群のサウンドノベルゲーム

ゲームをざっくり説明すると、

主人公(プレイヤー)は聞き手になって、個性豊かな6名の学生たちから順番に怖い話をしてもらっていくというシンプルなもの。6名はそれぞれいくつか持ちネタがあって、話を聞く順番によって異なる怖い話をしてくれるというシステム。1人=1章みたいな扱いで、ひと通りのプレイで全7章ある。1~6章は6人全員の話を聞く。で、最後の7章目は、話を聞いた順番や途中の選択肢などによって異なるエンディングに向けたエピソードがはじまる。

複数のエンディングが用意されている、マルチエンディング形式なんだけど、その数が尋常ではないほど多い。たとえば「A」という怖い話ひとつにも、選択肢次第で展開が変わっていく。さらに、Bさんの◯◯という話を、特定の選択肢を選んで進めた後、Cくんの◯◯の話を進めていくことで聞ける隠しシナリオみたいなのもあるのだ。

人に説明するというのが苦手な俺にはこれが限界だ。

自分で整理しながら書いていながら、何を言ってるのかさっぱりわからない。。。

とにかく、面白いゲームなのだ。

そんな面白いゲーム「学校であった怖い話S」の魅力と弱点を独り言。。。

次のページへ >

-思ひ出懐古録, 雑記

Copyright© アンチ徳島漫遊記 , 2018 All Rights Reserved.