思ひ出懐古録 雑記

まんが喫茶でアルバイトしたときのことを思い出す【リライト記事】

投稿日:

まんが喫茶でアルバイト

 

 

もう7,8年くらい前かのこと。

 

廃れた商店街の隅っこにある駅前まんが喫茶でアルバイトをしていた。

 

俺と店長、オーナー以外は全員女性店員で、なかなか楽しい現場だった。時給も悪くなかったし、基本的にお客様がたも店員に対して親切だったのでアルバイトのし甲斐があったな。

 

 

トイレ掃除・拭き掃除の奪い合い

そのまんが喫茶は常に1つのシフトに3,4人のアルバイト店員を配置しており、比較的暇な時間帯だと本当にやることがなくて困ってしまう。

 

トイレ掃除さえ「俺がやります」「私がやります」「ここはアタイが」みたいな奪い合い。退屈な時間はただ突っ立っていることが多かったっけ。

 

まんが喫茶にもいろいろ種類があるだろうけど、

 

俺が働いてたのは「マンガコーナー」「カラオケルーム」「ビリヤード台」「ダーツ」「パソコンルーム」「卓球台」なんかが配置されているところで、基本的なお仕事は「お客様をご希望するコーナーに必要なもの(ビリヤード台をご希望の方にはキューや球のセット)をお渡ししてご案内して、それ以外は絶えずどこかしらの掃除をする」というものだった。

 

パソコンは2,30台程度あったかな。

 

そのすべてのパソコンを、モニター、キーボード、マウスと拭いていき、個室になってるから、その部屋の物置台とか椅子とかもまんべんなく拭いて綺麗にしていく。中には用途判明の丸めたティッシュが落ちていることもあって、そのたびに気分が滅入った。

 

それを個室の数だけやっていくのだ。

 

それから、カラオケルームならマイクの手入れや機械の調整。

 

卓球台ならテーブルを磨いて、ビリヤード台も専用の刷毛みたいなので汚れや埃を払っていって、球磨きもする。

 

1から9までの球をひとつずつ布巾で綺麗に磨き上げていくのだ。

 

 

あと、店内全体の床掃除

 

 

水を絞る構造をしたバケツとモップを持って、ずーっと磨いてまわる。トイレ掃除をする。

次のページへ >

-思ひ出懐古録, 雑記

Copyright© 懐古どぶろぐ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.