思ひ出懐古録

キョンシー映画=霊幻道士=ラム道士=青野武

更新日:

わりと最近リメイク的な作品(リゴルモルティスやこちら~)も放映されてたから、再度注目されつつあるのかな、なんて思ってるキョンシー映画。

そのキョンシー映画の金字塔が「霊幻道士」だ。

亜流作品も数多くあって、面白いのがいっぱいだが、やっぱり王道は霊幻道士だと思ってる。

 

そもそもキョンシーとは何か

簡単にいうと、中国産の吸血鬼みたいなもの。

良くない気みたいなのを吸い込んじゃった、死者がなっちゃうやつで、両手を前に突き出し、膝を曲げずにぴょんぴょん飛び跳ねながら移動する。

また、人の血を吸い、吸われた人もキョンシーになってしまう、みたいなヤツ。

 

そんなキョンシーを適切に処置するのが、道士と呼ばれる専門家で、この道士が活躍するのがキョンシー映画だ。

 

ストーリーは大抵、「お調子者がふざけて、余計なことをしたばかりに悪者(キョンシーであったり、ドラキュラだったり)が目覚めて大暴れ。それを道士とその弟子が力を合わせて退治し、最後は燃やして、エンドロール」という展開でわかりやすい構造になっている。

次のページへ >

-思ひ出懐古録

Copyright© アンチ徳島漫遊記 , 2018 All Rights Reserved.