思ひ出懐古録

キョンシー映画=霊幻道士=ラム道士=青野武

更新日:

懐古、懐古、懐古!

あとあと調べたら粗の多い作品扱いなんだけどさ、就学前の俺にとっては面白くてたまらなかったな。
 
血のかわりにトマトを吸うベビーキョンシーや、足をくすぐられて爆笑するベビーキョンシーに癒やされたり、西洋感バリバリのドラキュラが吊橋で追いかけてくるシーンに固唾を飲んだり、それをラム先生が巨大な岩で殴って落下させたり、弟子が毒蛇を捕まえるシーンでスローモーションをかけてみたりするシーンを満喫しまくってたっけ。

 

シリーズで一番好きなのは……「4」かな。コメディ要素とホラー要素のバランスが心地よかった気がする。

 

「ポテトー、頭を、さげろー」「道長がどうちょうと」「くるっと回って蚊帳の外」「立派なのよ」このあたりのフレーズを聞いて、( ̄ー ̄)ニヤリとした人とは話が合いそうな気がするね。

 

でも、結局、キョンシー映画っぽいのは「1」だね。ラスボス的なのも、しっかりキョンシーだし。他の作品は妖術使いだったり、ドラキュラだったり、水子の霊の親玉みたいなのだったりするからね。

 

リゴルモルティスも観たんだけど、ちょっと違うんだ。たしかにキョンシー映画に、和風ホラーの不気味なテイストが混ざり合って物凄く雰囲気も出てて、怖いんだけど、やっぱり違う。

 

次のページへ >

-思ひ出懐古録

Copyright© 懐古どぶろぐ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.