食い物記事

仕事中に徳島ラーメンを食べに「中華そば 村田商店」で舌鼓を打ってきた

投稿日:

5年ぶりくらいにラーメン屋さんへ。
 
今回行ったのは「中華そば 村田商店」というお店で、とろサーモン村田さんのお兄さんがされているラーメン屋さん。去年オープンしたばかりだそうだ。

 

村田商店、いざ実食

昼休み、ちょうど付近を通ったのでそのままお店へ。なぜか扉が上手く開かずに右往左往してると、にこやかな店員さんが開けて、出迎えてくれた。

 

ちょっとお洒落なバーみたいな内装で、ラーメン屋さんとしては落ち着いた雰囲気少し早い時間だったからか、カウンター席もテーブル席も空いてて選び放題だった。

(店員さんの表情も明るく丁寧な接客が、営業でささくれだった俺を優しく癒やしてくれたのも嬉しかったな)

 

どっかり腰をおろしてメニューを一瞥。だが、事前のリサーチで「チャーハンがうまい!」という情報を得ていたので半チャーハンセット」でオーソドックスな「中華そば」を注文。

 

厨房からは中華鍋か何かが唸りを上げていてびっくりしたな。

 

でも、それ以上に驚いたのが、注文してから5分と経たずに「お待たせしました~」とラーメン持ってきたことね。

 

で、腹ペコを我慢して写メだけパパッと撮ってみた。撮り終わるやいなや、
「いただきます!」

 

ずずずー
ぞぞぞー
ずずずー

 

うまい!
見た目どおり濃厚。だけど、こってり過ぎない。
 
思わず向かいに座る、ラーメン好きな弟と目配せしたよね。で、頷きあって再び無言でラーメンをすすり始めた。

 

しばらくラーメンすすってから、チャーハンに着手。実を言うと俺はラーメン以上にチャーハンに期待して来ていた。
 
われこそはラーメン屋さんのチャーハン好きなのだ。

 

で、細めのレンゲでひとすくい。(おちょぼぐちの人でも安心して食べられる工夫だね)
 
ほどよくパラパラ。匂いは芳ばしい。その途端に直感したな。「こりゃうまいやつだ!」って。実際旨かったよ。

 

あれこれ味について語れるような海原雄山じゃないから、うんちくは言えないけど、こりゃあ旨い。芳ばしく、甘みのある脂。で、地味にありがたかったのが添えられた甘くスッキリした福神漬け。口いっぱいの脂っぽさをリセット出来るのが嬉しかったな。

 

これまではふく利のチャーハンが一番好きだったけど、ちょっと迷ってしまうほど旨かったな。。。

軽く「中華そば 村田商店」の情報を載っけとこう。

徳島県板野郡松茂町中喜来字牛飼野西ノ越14-1

tel:088-678-7704

営業時間:午前11時~売り切れ次第

定休日:水曜(※不定休あり)

 

徳島ラーメン

知ってる人もいるかもしれないけど、徳島は何気にラーメン屋が多い。しかも、旨いラーメン屋が多いのだ。

 

有名どころでいえば、王王軒いのたにいわたや西食万平東大……。他にも旨いところがたくさんある。徳島県民は徳島を褒めるのが苦手なんだけど、ラーメンだけはスッと褒められるかもしれない。

 

ちなみに徳島ラーメンも細かく分類されているらしく、「猪虎系」(いのこ系と読みます)なんて言葉があるみたいなんだけど、この猪虎さんってのはウチの取引先で大変お世話になっているお店。ちなみのちなみに猪虎さんところに貼ってあるメニューは俺が作ったものである。豆知識ね。

 

でも、俺は「猪虎系」という系統がどんなラーメンなのか知らない。猪虎さんやお弟子さんのお店のラーメンも食ってるんだけど、どういう系統なのかはわからない。「うまい」っていうことしかわからない。どういう系統か知りたい方はぜひ徳島までやってきて、食べ歩いて見てほしい。そして、俺に教えてほしい。

ごちそうさまでした!!

 

-食い物記事

Copyright© 懐古どぶろぐ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.