徳島県民による徳島観光 日和佐

徳島生まれ徳島育ちの俺がひとりで徳島観光を満喫 日和佐カメワールド編

更新日:

てっきり土日ともに雨なのかと思ったら、実は「日曜は晴れだよ」と知ったので出掛けてきたよ。

 

先週は県西部を攻めまくったので、今週は県南部を攻めまくってきたぜ。

 

とりあえずの目的地は「日和佐ウミガメ博物館カレッタ」。自宅から2時間弱の距離にあるところだ。

 

目指すは日和佐ウミガメ博物館カレッタ

 

午前5時40分起床、6時ジャスト出発。今回は先週と違って、かなり運転する時間が長そうなので気合を入れてドーナツ型のおざぶを装備してった。

 

かなり距離運転しっぱなしになったけど、お気に入りのビートたけしメドレーをBGMにして熱唱しながらだったのであっという間に日和佐に到着。

 

ただ下調べをまったくしてないので、何がどこにあるかがわからない。なので、日和佐駅でトイレを借り、少しぶらつく。

 

 

さすがは日和佐。うみがめを全面に出してて、観光スポットっぽくしてるね。

 

 

この時点で午前8時くらいなんだけど、このあたりはまだ曇ってて、時折小雨がぱらぱら降ってたんだな。

 

でも、俺が「晴れなさいよ」と言ってから5分もしないうちに晴れだし、海岸に行く頃にはこのとおり。

 

 

この海岸のすぐそばに博物館があるんだけど、9時になんないと開かない。なので、うろうろしつつ、「道の駅 日和佐」に行ってみることに。

 

 

ひそかに「県内の道の駅完全制覇」を目論む俺としては、やっぱり寄っておかないと。

 

足湯もある。長距離ドライブで疲れた足を癒せるのが嬉しい。

一応足つけたけど、セクシーがすぎるので写真は撮らなかった。ご了承下さいm(_ _)m

 

今回はわりとガッツリ道の駅寄りまくるつもりだったから、「景気づけにいっちょ旨いものを」なんて思いながらうろついてると、店の奥からソースのいい匂い。名物でもなんでもない、「そば焼き」を注文。(「そば焼きお願いします」というと、おばさんが「はい、焼きそばね」と言い直したのは何だったんだろう。メニューには「そば焼き」って書いてあったのになあ)

 

 

これがまあ旨い!

 

甘辛くもスパイシーなとろみのあるソースと、しっかり太めで存在感抜群のそばが素晴らしい相性の良さで旨い。細かく刻まれた紅生姜のアクセントも、多めに入れてくれてるこんがり肉も、どれもこれも最高だった。

 

充分に腹を満たした頃、時刻は9時ちょっと前。そろそろ博物館の近くで待機してようと思い、車で移動した。

 

そこでとんでもなく巨大なアレと遭遇することになる。

 

次のページへ >

-徳島県民による徳島観光, 日和佐

Copyright© アンチ徳島漫遊記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.