雑記

サンライズ淡路 淡路ふれあい公園にて昼休みを満喫して候

投稿日:

おとといは午前中から淡路入り。
納品すませた昼休み。今日立ち寄ったのは、淡路ふれあい公園だ。初めてきたので、弁当食べたあとに散歩してみることにした。

何を隠そう、俺は規模の大小問わず公園が大好きだ。

何となく楽しそうな雰囲気でいっぱいだからね。

 

淡路ふれあい公園

 

 

人は疎らだったけど、ランニングしてる人や散歩してる人、写真を撮ってる人、それぞれ公園を楽しんでいるようだった。

 

お花畑ゾーンがあり、そこで花の写真を撮っていると、ふと、まろやかな視線を感じた。見てみると、彼らが見ていた。

 

 

よくわからないが、囲いのなかにたくさんのウサギたちがいた。とくに目を引くのが、写真中央のウサギね。

 

 

イスに腰掛け、テーブル上で何か手作業でもしているようだ。おまけに徹夜明けで眠そうな顔をしている。(ちなみに他のウサギたちが走り回っているなか、終始このポーズで動かなかった。)

 

※お食事中、もしくは麦チョコ類をお召し上がり中の方、大変申し訳ございません。

 

まさか、癒やしのウサギゾーンがあるとは驚いた。気づくと5分ほど滞在し、癒やされていた。(凄まじくせっかちな性格の俺が、1ヶ所に5分もいるというのは異例中の異例なのだ。)

 

 

そして、季節感抜群のあじさいを眺め、まったく水が流れてない池にある水車を眺め、ウロウロウロウロ。

 

すると、たどり着いた怪しげな空間。

 

 

 

調べたところ、このふれあい公園(サンライズ淡路?)では部活動などの合宿を行なったり、家族や友達と泊まったり出来る施設があるそうなんだけど、ホームページにこの一帯についての記述は見当たらない。結局、よくわからないまま、その空間をあとにした。

 

謎に短い後ろ髪をひかれつつ、うろついてると駐車場へ戻ってきてしまった。

 

が、そのまま車に戻るのも芸がない。だから、たまたま目についた階段をトントンと駆け上がってみた。

 

 

するとこんなところに出た。多分、ベンチに腰掛けて休憩するスペースなんだろうな。それ以外に何が出来るかっていうと、有料施設扱いのグラウンドを一望出来る。

 

 

うん。木々が邪魔だね。

ちなみにベンチに腰掛けると、壁の高さによってグラウンドはまったく見えなくなります。

 

そうこうしているうちに昼休みの時間が終わってしまったので、名残惜しいけど、ふれあい公園を脱出した。

 

ちなみのちなみに、この公園では中央くらいにある建物内でボールや木製ボウリングのピンなどの貸出を行なっており、手ぶらでやって来ても球技を楽しむことが出来る。

 

 

 

-雑記

Copyright© アンチ徳島漫遊記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.