三好 徳島県民による徳島観光

西日本で2番めに高い霊峰・剣山をひとりでのんびり満喫してきた話

更新日:

徳島には剣山(つるぎさん)という西日本で2番目に高い山がある。
 ソロモンの秘宝が隠されているんじゃねえかとか、キリストが隠れてたんじゃねえかとか、悪縁を断ち良縁を結ぶパワースポットがあるとか、旨い湧き水があるとかで知られているらしい。

小学生の頃に家族で行ったらしいが、ほとんど記憶にない。
 
「剣山に行くかな?」と思い始めたタイミングで、徳島のローカル番組で剣山の特集を観たので「よし、行こう!」と決まった。

 

不安半分期待半分の山遊び

 
とりあえずリュックと上着(長袖)を新調し、登山漫画を読んで気持ちを上げながら前夜を過ごした。
 
そして、当日(8月4日)は快晴のもと剣山に向かって朝6時出発。まずは「剣山へと続くリフト」乗り場に行かなくちゃいけないのだ。
 
家から約2時間。山道をひた走り、リフト乗り場に到着。9時前にもかかわらず駐車場には車がたくさん停まっていた。が、立体駐車場の屋上には余裕があり、何とか停められた。ちなみに駐車場は無料だから安心だ。


 
で、車からおり、フル装備してリフト乗り場へ。受付でチケットを買って、リフトに乗る。リフトの構造上、リュックは背中ではなく、抱えるようにするよ。(チケットは往復1860円)

 
そこからしばらく宙ぶらりん状態で15分程度。1700メートルくらいまで運ばれていくんだけど、なかなか怖い。行きはよく高さがわからないから大丈夫だけどね。

 到着。いよいよ山歩きスタート。

なんだけど、剣山にはいくつかのルートがあるんだな。俺はよくわからなかったので、リフト乗り場(上)の裏側からいけるルートを選んだ。


 
端的に言うと、
これがいけなかったな笑
 
想像以上に足場が悪かったり、横が崖だったり、ヘビが出てきたり、斜度がきつかったりと、なかなかにハードだった。
(帰ってきてから調べてみると、遊歩道ルートといって一番時間のかかるルートっぽかった)

 


 
途中、分岐点があり、
とりあえず「御神水から頂上」を目指してみることに。
(これも帰ってきてから調べてみたんだけど、これによって最長ルートから中くらいのルートに変わったらしい)

 

若返りの水 御神水

 
さらに斜度が上がり、足場も悪くなったが、たどり着いたよ。御神水。小さな祠の隣に湧きまくる水。すくって触ってみたら、めちゃくちゃ冷たかった。正直、頭からかぶりたかったくらいだ。

若返りの水っていわれてる。ペットボトルに入れて持ち帰ってもいいらしいよ。

 
冷たい水に触って回復した俺は、さらに先へと進んでみた。

大剣神社

すると、大剣神社なるところに到着。この前にあるベンチで休憩した。ちなみにここには20円で覗ける望遠鏡があるよ。


 
そこから山頂目指して上がってくと、変わった形の岩を発見。

この岩が「剣山」の名前の由来になってるとかなってないとか、るるぶか何かで読んだ気がする。

写真撮ってるとマダム3人組が話しかけてくれたので、休憩がてら話してみる。「大学生?」と言われ、本気で髭を生やそうかと思ったのはここだけの秘密だ。
 
熊笹と握手するように進みながら、少しずつ登っていくと、頂上ヒュッテが見えてきた。


 
頂上ヒュッテってのは、新居さんって方が登山者のために山頂付近で建ててくれた宿泊・飲食可能な施設だ。 
そこが見えると山頂もすぐそこ。
 
と思いきや……。
 
ここに来ての階段!鳥居をくぐり、一段一段。


 
それを乗り越えると!
頂上ヒュッテ!


 
でも、さらに階段が続く。


 
人だかりの頭上にある祠を遠巻きに撮影しつつ、真の山頂を目指して歩く。すると、こんな光景が。


 
すげーよな。
こんな高いとこに誰かが板を大量に運んで、組み立てて、安心な足場を作ってくれてるんだもんな。
 
で、ようやく山頂に到着!

次のページへ >

-三好, 徳島県民による徳島観光

Copyright© アンチ徳島漫遊記 , 2018 All Rights Reserved.