雑記

映画「カメラを止めるな!」ネタバレ0の雰囲気感想文

投稿日:

 

前々から気になっていた映画「カメラを止めるな!」

 

本当に、まったく、微塵も情報を入れないようにしながら、徳島でも上映されることを信じながら待っていた甲斐あって、

 

とうとう昨日8月10日(金)に上映がスタートした。

 

で、昨夜、「お盆休暇前夜祭」として「カメラを止めるな!」を観てきたわけだ。

 

正直、結構時間が経過しているけど、まだ余韻に浸ってる。正直、全部ぶちまけて壮大なネタバレをぶっ放したい。

 

でも、それはイジワルのすることだ。なので、一切のネタバレがないように感想を書いていってみる。

 

感想①「面白い」

 

こうやって、ひと言だけで書くとマヌケな感想に見えるだろうけど、ホントに面白いんだ。

 

どういう意味での面白いかは一切言えないけど、断言できる。

 

「面白い映画だ」と。

 

感想②「凄い」

 

本当は「どこ」が「どういう風」に「凄い」のかを、いつもの長ったらしい調子でツラツラと書いていきたいけど、書かない!

 

でも、凄いんだ。

 

内容に触れないから大丈夫な部分で「カメラを止めるな!」の凄さを書いておくと、

映画を観た後に俺は「ひとりでこの映画を観に来たこと」を後悔したね。誰かと来てたら、観終わった後にソイツとネタバレを気にする必要もなく、「あそこのアレがさー」「そうそう! アレとコレのソレが凄くて」みたいな話を思い切り楽しめるのに、俺はひとりで来てるからそれが出来ない。

 

周囲では友達や恋人と来てる人たちがさ、「カメラを止めるな!」の感想を言い合って、楽しそうにしてるわけ。

 

それを盗み聞きするというか、そういう声が嫌でも耳に入ってくる。

 

「いいなあ。俺にも話振ってくんねえかな」なんてバカげたことを思いながら、ひとり真っ暗な屋外駐車場へ歩いてったんだけど、「ひとりで観に行った」それだけが失敗だったな。

 

感想③パンフレットも凄い

 

俺は大抵映画館に来るときは、少し早めに来てパンフレットを買って読みながら時間を待つ。

 

今回も同じように買って読もうとしたら、「完全ネタバレ仕様」と書いてあって驚いた。

 

結局、映画を観終わり、帰宅してから寝る前に読んだんだけど、

 

なるほど、これ以上のネタバレはないなと笑ってしまった。読み応え抜群なので買ってみるのをオススメする。

 

感想④個人的には「しゅはまさん」推し

 

映画を観れば誰もが納得出来るんじゃなかろうかと思う。

 

まとまらない

 

少しのネタバレもしたくないんだ。

 

まとまるわけねえや。

 

この映画の一番の楽しみ方は、「誰か知り合いと一緒に映画館に行って、他のお客さんたちと共に観る。で、知り合いと語りながら帰ってくる」っていうのじゃなかろうかと思う。

 

まあ、「いや、この映画こそひとりでこっそりと観て楽しむものぞ」という方もいるかもしれないけど、俺はこの映画を誰かと一緒に共有したくなった。

 

 

以上、ネタバレ0の雰囲気感想でした。

 

 

 

 

 

-雑記

Copyright© アンチ徳島漫遊記 , 2018 All Rights Reserved.