三好 徳島県民による徳島観光

カカシだらけの村・案山子の里へ 奥祖谷二重かずら橋ルート編

投稿日:

徳島県東祖谷の奥地に、かかしの里ってのがある。

 

いわゆる限界集落とされる人口数十人の小さな村に、村人以上の数のリアルな案山子が大量に「いる」という不思議空間なのだ。かなり奥地で行きづらい場所ではあるんだけど、こういうスポットは一度は訪れておかないといけないと思い、行ってきた。

 

念の為、前日(10日)の段階で三好市の観光協会徳島県西部総合県民局三好庁舎県土整備部西祖谷詰所(長い。。。)に電話をかけ、「通行止めになってませんか? 案山子の里まで車通れますか?」と確認しておいた。

 

というのも、先月の大雨の際に祖谷もかなりのダメージを受けていたからだ。

 

だけど、答えは「土日祝など休日は工事はしてないし、車も通れる」とのこと。
(ちなみに観光協会は快活なお姉さんがすごく丁寧に教えてくれる。長い方は……あえて言わないでおこう。あえて!)

 

ルートの安全が確認できてたので、朝っぱらからガンガン車を走らせる。

 

すると、奥祖谷のかずら橋にたどり着いた。

 

先月か先々月に行ったかずら橋とは違う、もっと奥の奥のかずら橋だ。

 

奥祖谷二重かずら橋

 

よく見てみよう。看板にキノコが生えている!

 

入り口でチケット(550円)を買って、いざ奥祖谷二重かずら橋へ!

 

 

結構ハードな階段を下っていく。

 

 

何となく男橋を後回しにして女橋に行っちゃう、悲しい習性。

 

 

女橋!

 

 

相変わらず怖いね。。。びびりながら写真を撮りまくった。

 

で、女橋を渡り切ると、男橋に向かえる道があるんだけど、その前にトイレに立ち寄ったんだ。そのトイレが凄いので紹介しとく。

 

 

なかにオガクズっぽいのが入っていたんだけど、それはさすがに載せないでおく。

 

 

可愛らしい祠にほっこりしつつ、歩いていくと、

 

 

コレ発見! 

 

野猿っていって自分でロープ引っ張って移動させる人力ロープウェイなのだ。

 

ぜひ乗りたい! ってことで乗ってみた!

 

 

野猿から見た景色。

 

 

カメラを片手に持ってるため、左手一本で引っ張りまくる俺の手。

 

 

途中腕がつりそうになりつつ、挫けずに頑張った。

 

が、悲しいかな、俺は常に単独行動のため、頑張る俺の様子を写真に撮ることは不可能なのだ。。。

 

そうそう野猿に乗る際のご注意も載せておく。

 

 

で、帰りは男橋を逆に渡って進んでみる。

 

正直、男橋、女橋の区別がつかない。。。

汗だくになりながら駐車場へ向かい、ポカリを一気に飲んで回復。

 

そして、ふたたび車を走らせた。

 

そして、2,3キロくらい走ったかな。

 

とうとうたどり着いたぜ、天空の村・案山子の里

 

次のページへ >

-三好, 徳島県民による徳島観光

Copyright© アンチ徳島漫遊記 , 2018 All Rights Reserved.