徳島県民による徳島観光 阿波

バス型ラーメン屋 中華そば 朝日軒 太閤6号に寄ってきた話

投稿日:

そのラーメン屋さんは、

 

気になる存在感抜群の佇まい。

 

俺は、こんなラーメン屋さんは他に知らない。

 

このラーメン屋さんは、

 

中華そば 朝日軒 太閤6号

 

何と本物のバスを改造して店として使っているのだ!

 

店内に入るまでに外観を撮る!

 

 

とりあえず店内に入り、

 

オーソドックスそうな「中華そば」を注文。

 

お店は、おだやかで優しげなおばさんが一人でやっていた。

 

(あれ? 知人の話じゃオヤジさんがやってるはずだったんだけどなあ)

 

なんて思いながらも、店内というか車内というかを見回しながら楽しんだ。

 

俺の席番号

 

 

俺は乗り物酔いしやすいから、窓際がお好み。

 

バスのなごり

 

 

妙に画になるシールだね。色の落ち具合が味わい。

 

意外と広い店内

 

 

エアコン2台稼働。客は俺だけなのに申し訳ない。

 

ちなみにテレビは「せやねん」。毎週土曜に行動するため、昼飯時にはちょうどこの番組やってるのだよ。

 

競歩の若い選手の紹介をしてるのを見てラーメンを待つ。

 

気になるメニュー

 

 

バス☆カレーも気になったんだけど、初来店のラーメン屋さんでカレーを頼むのも気が引けたんで次回持ち越し!

 

熱々おでん

 

 

餃子や炒飯はないけど、おでんやカレー、卵かけご飯などがある。

 

開店してすぐだったので、俺以外はおばさんだけという貸切りバス状態。

 

そして、出てきた中華そば

 

 

少し薄しょっぱい印象。が、朝から地味に汗をかいていたので丁度いい塩分補給だ。眼鏡をはずし、一心不乱にラーメンをすすりまくる。(体調も不完全だったから、味覚が曖昧だった)

 

ラーメンをすすってると、水のほかにサービスで麦茶が出てきた。完食後に麦茶を一気に飲み干す。キンキンに冷えてやがり、ハンザイ的な旨さだった。

 

中華そばは1杯500(税込)

 

「一度バスの中でラーメン食べたかったんだ!」と言う方の夢が叶うお店だよ。

 

もし次行くなら、カレーやおでんも気になるね。

 

-徳島県民による徳島観光, 阿波

Copyright© アンチ徳島漫遊記 , 2018 All Rights Reserved.