徳島県民による徳島観光 美馬

眉唾冒険譚2 国内で唯一倭大国魂を冠する倭大国魂神社

投稿日:

日ユ同祖論ではなく 「徳島県民、大昔から外国人と仲良しだった説」に思いを巡らせながら車を走らせる。

 

磐境神明神社から半時間ほど西へ。

 

迷いつつ辿り着いたのはこちら。

 

倭大国魂神社(やまとおおくにたまじんじゃ)

 

名前が何か「和」「日本日本」しているね。 磐境神明神社同様に、いつ頃建てられたものかは不明なんだって。

 

倭大国魂というのは、どうやら日本書紀にも登場する神様の名前みたいだね。

 

また延喜式神名帳によれば、ここ以外に 倭大国魂を冠した神社はないらしい。
  延喜式神名帳=延長5年(927年)にまとめられた『延喜式』の巻九・十のことで、当時「官社」に指定されていた全国の神社一覧

 

何だか色々と難しいフレーズが出てきたな。日本史が苦手な俺には目眩がするほどだけど、わかってないことが多いだけに調べてみたい場所ではあるね。

 

わからないことはさておき、

先に行ってきた 磐境神明神社との共通点をメモっておく。

 

磐境神明神社との共通点

徳島眉唾冒険譚1 1000年前からあったらしき磐境神明神社はユダヤと関係あるのだろうか?

すぐ近場に別の神社(関連はありそうな場所)があること

 

 

磐境神明神社なら白人神社。ここなら八幡神社が階段を降りたところにあるんだな。(とにかく階段をのぼりおりする)

 

さらに言うなら、めちゃくちゃ近場の神社を見下ろすかたちで建てられてる。単純に立地的な問題で、たまたまかもしれないけどね。

 

いつ建てられたかなど具体的なことが不明なところ

 

 

俺は30歳になる今年まで、ほとんど神社仏閣に用事がなかったからよくわからないんだけど、

こういうところって、◯◯何年みたいに記録したり刻んだり、碑を残したりするもんじゃないの?

 

残せなかった理由でもあるのかな。

 

イスラエル駐日大使がやってきたこと

 

それも不思議なんだ。失礼ながら「何でわざわざ?」と首を傾げざるを得ないくらい、わかりづらい辺鄙なところにあるからね。

 

真逆なのは、磐境神明神社が異国感、外国感があったのに対して、 倭大国魂神社は日本感が半端じゃない。

 

でも、神紋を見たイスラエル駐日大使が「燭台のようだ」(7本の蝋燭を立てるメノラーに見えるらしい)と語ったこともあるように、こちらでもユダヤとの関わりを匂わせている。メノラー(燭台)ユダヤ教における象徴的なアイテムらしい。

 

 

これは共通点ではないんだけども、あたりに古墳がたくさんあるらしい。(俺はひとつも見つけられなかった)

 

日本書紀に載る言葉が刻まれた謎多き神社が、異国文化と関わりがありそうだというのも興味深いよね。

 

改めて「徳島県民、大昔から外国人と仲良しだった説」が、あながち間違ってないんじゃないかと思いながら、次の場所へ向かう俺だった。

 

続く。

 

 

-徳島県民による徳島観光, 美馬

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2018 All Rights Reserved.