小松島 徳島市 徳島県民による徳島観光

徳島猫まみれツアー「大神子海岸→王子神社の猫神さん」でネコ漬けにされた話

投稿日:

大神子海岸

 

最初のネコネコスポットは大神子海岸。

 

今では遊泳が完全に禁じられた元海水浴場。海流が複雑らしく、徳島では唯一の防波堤のない海なんだそうだ。

 

で、結構お亡くなりになってるからか、こんな綺麗なのに心霊スポット呼ばわりされている。

 

とはいえ、訪れたのは朝。

 

散歩する人たちが結構いたから寂しくない。(ちなみに海近くに日帰りキャンプ場があるよ)

 

猫もいる。

 

 

ぽっちゃり系、マシュマロ系猫。

 

 

たぶんキャンプ場に来た人とか散歩に来た人とかが食べ物くれるんだろうな。じゃないとこれだけの貫禄は出ないよね。

 

で、気付いて驚いた。

 

耳欠けとるやないかい!!って。

 

猫を飼ったことがない俺にしてみれば、「野良同士の抗争の傷跡なのか?」「意地悪な人間による犯行なのか?」などとネガティブなイメージが次々と浮かんでくる。が、実際は不妊手術済みの印みたいなもんらしい。ってことは飼い猫?

 

で、他にもいないか砂辺を見てみると、小さな足跡を発見した。

 

足のサイズ……。砂の沈み方……ぽっちゃり系の足跡ではなさそうだ。と名探偵ぶりを発揮したとき、背後に気配を感じて振り返る。

 

猫だ。

 

 

お化けは出ないが猫は出るスポット。

 

 

予定ではこの次に向かうスポットでネコネコしく過ごすはずだったんだけど、これは嬉しい誤算。(運転中にも2匹見かけてる)

 

あとこんなデカい大木が流れ着いてる。

 

 

また、近くのテニスコートでは自分をお焼きになられた方もいらっしゃるとか。

 

 

だけど、この日も朝から学生たちがラケット持って大集結して活気あったな。生命力に充ち溢れてた。

 

次に向かったのは、

これまで2回くらい紹介してるのに、全然知らなかったネコネコスポット。

 

徳島県立図書館 文化の森と同じ敷地内にある王子神社

 

 

ここはお松大権現と同じように、猫を奉る神社。長い階段を乗り越えないといけないんで、階段イップスの俺にはプレッシャーだったんだけど、予想より緩やかな階段だったから大丈夫だった。

 

 

途中に謎のマリモもどきを撮る余裕もあった。知らないおばあさんと、これはマリモなのか何なのかミニ討論。

 

 

わからないまま先を進むと、

いきなり猫! 手洗いするとこで水をがぶ飲み中。かなり人に馴れているようで、近づいても大丈夫。

 

 

って言うか、

この子ガンガンくる!

 

 

でも、俺は猫アレルギー。。。

 

嬉しいけど、触れないんだ。。。

 

多分触られなれてるんだろうね。この子、「何でさわんねえんだ、この野郎」って思ったみたいで、俺を誘惑してくる。

 

「ほら、ここに楽しいオモチャがあるぞ」

 

 

愛くるしくてたまらないが、

触れないんだ。よっぽど前世で悪かったのかな。猫に触れないんだもん。。。

 

 

この神社には、猫と戯れるためのおもちゃが用意されている。。。恐ろしい場所だ。。。

 

ちなみにもう1匹いたけど、かごから出てこない。。。

 

 

仕方ないので辺りを探索。

 

お松大権現みたくいっぱいの招き猫

 

さすってお願い おさすり猫

 

「さざれ石」があった

 

さざれ石。そう、君が代に出てくるさざれ石。

そもそも「さざれ石」って何だ?

 

恥ずかしながら知らなかった。。。

 

調べてみたら、小石、細かい石って意味らしい。でも、どう見ても小石ではない。君が代の、「さざれ石(小石)の巌()となりて苔のむすまで」巌の状態ってことなのかな。

 

ちなみに全国に「さざれ石」があって、奉られているんだそうな。

 

さざれ石を眺めたあと、くるりと踵を返して階段をタタタンタタタン降りた。とりあえず、猫の気配がするので敷地内を探索してみることに。

 

ホールへ続く階段をのぼると、ちょいとした広場に出る。そこに猫が2匹いた!

 

 

向き合ってナーナーいがみ合い、最後にキスする。デガワウエシマスタイル。(が、写真撮れず。。。)

 

 

少し凹みながら、さらに上にある公園を目指して進む。

 

すると、石や岩を組み合わせたスポットを見つけた。一般的な猫のサイズを考え、さらに猫が好みそうな「すっぽりスポットポイント」も高そうだ、と言うことで覗きこむ。

 

いた!

 

猫側もびっくりして目を丸くしてる。

 

だけど、警戒心が強い子だったらしく、すぐさま逃げていっちゃった。

 

せっかく来たんだからと、さらにうろうろ。すると、変なモニュメント発見。そこでも猫猫センサー(猫アレルギーの敏感な鼻)が反応した。

 

 

ふと気配がするほうを見てみると、

またいた!

 

 

ちょっと、どんだけ?

ネコ漬けにしてネコ中にするつもり?

 

もう体がもたないんだけど笑

 

この子もびっくりして固まっちゃった。じっとしてれば、いるのがバレないと思ってるのかな。

 

1分くらい眺めてたかな。

 

全然動けないのも可哀想なんで、バイバイ。そこからは次第に下へ向かって、さ迷い歩いていく。

 

カラスが寄ってきたり、

 

 

トーテムポール見つけたり、

 

 

「なんだ、階段あるやん」と調子に乗って「近道、近道」なんて降りて行き止まりだったり、(行き止まりにはカマキリがいた)

 

 

カボチャ抱えた小さなお姫様とすれ違ったり。よく考えたらハロウィンのイベントだったんだな。(人混みは嫌なので早々に退散)

今日の猫果は8匹!!

 

大神子海岸付近で運転してる最中に2匹見かけてるので、実質10匹の猫さんたちに遭遇した。

 

うむ、我が人生に一片の悔い無し!!

 

-小松島, 徳島市, 徳島県民による徳島観光

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2018 All Rights Reserved.