徳島市 徳島県民による徳島観光

第41回 ふるさとカーニバル~阿波の狸まつり

投稿日:

狸まつり

 

徳島県において、

夏の風物詩的なイベントが阿波おどりならば、

秋の風物詩的なイベントがこの狸まつりと言えるだろう。

 

毎年文化の日に近づくと、四国放送から聴こえるあのメロディ。

 

「桶屋が夜中に桶づくり~

コトコトコトコトコトコトコ~

お宮の祠の裏じゃった~」

 

「阿波のた~ぬきのはなしーで~す」

 

徳島在住ならば絶対に聴いたことがあるメロディと歌詞。それが狸まつりのテーマソング。

 

テーマソングはさておき、狸まつりとは何たるかを説明せねばなるまい。

 

狸まつりとは、ふるさとカーニバル実行委員会主催の祭りで、藍場浜公園で毎年文化の日あたりに3日間行われるイベント。ちなみに今年で41回目である。

 

 

内容は、

スター誕生風の素人参加型の企画「スターへの道」(上手くいけばプロの歌手になれる?)や、四国放送・保岡アナウンサー率いる面々による「新・阿波の狸伝説ミュージカル」、屋台と各市町村による物産展っぽいのなど。

 

主なイベントは午前9時半ごろからなんだけど、張り切り過ぎて、

 

祭り開始前に到着しちゃったのよね。

 

まれに稼動してる屋台もあるけどね。ミスタードーナツとか。

 

あと早めに行ったことで良かったのは、

保岡アナウンサーたちによる劇団の、新・阿波の狸伝説ミュージカルの本番さながらのリハーサルみたいなのが観られたことかな。(リハーサルじゃなかったら申し訳ない。だってプラグラムになかったんだもの)

 

 

3分ほど観劇したのち、
(保岡アナウンサーが「バザールでござーる」と言い出したあたりで退散)

 

ふたたび辺りを探索すべく歩き始めた。

 

謎のおみこし

たぬきの水のみ場

チキンラーメン号

くまのプーさん

 

まさかのゲッソリ。まさかの狸まつりで貰えるお面ごと放置されている。屋台群の裏側にあるので、なかなか怖いね。

 

一番西側では、

各市町村の物産展。新鮮な野菜や魚の干物などが買える。

 

 

それに、売ってる人たちに美味しい食べ方が聞けるのもミソ。

 

やがて、

人だかりができはじめたので、単独孤独おじさんは退散、退散。少し離れた歩道橋から眺めてみることに。

 

おもっしょいぞう

 

スターへの道開始前の様子

 

これらを撮影したあたりで、風邪のダルさがぶり返して車へと戻った。しばらく休んでから、ラーメン屋さんに向かって車を走らせるのだった。

 

狸まつりにひと言物申す

 

この狸まつりね、

 

身内に直接仕事で関わってた人がいるんだけど、ずーっと同じ内容をやってるらしい。

 

イベント会場のレイアウトからイベント企画まで、ほぼ変化がないらしいね。

 

そういや通りすがりの老カップルが渋い顔で「毎年、毎年同じことやってるな。マンネリやわ」と言ってるのを聞いた。

 

阿波おどりといい、狸まつりといい、そろそろ何かテコ入れしたいところよね。

感じ的には、徳島大学四国大学学園祭のほうが気合いや熱意を感じたかな。(行ってないけど、プラグラムや呼んでる芸人さんを見た感じ)

 

学園祭の空気は何だかゾワッとしてアレので、俺自身は狸まつりくらいの緩さで構わないし嫌いではないけどね。変わらない安心感というか、吉本新喜劇みたいな安定感というか。

 

でも、少しは挑戦的な試みがあったほうが、若者を刺激するんじゃないかなとも思ったな。

 

架空の神様「たぬきさま」が手当たり次第客を新町川に投げ込んでいくとかね。

 

それを阻止して、逆に「たぬきさま」を川に投げ込んだ人が「狸王」みたいな祭りにするみたいな参加型への変化はいかがかしらね。

 

-徳島市, 徳島県民による徳島観光

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2018 All Rights Reserved.