吉野川 徳島県民による徳島観光 文化

【文楽通り】鴨島駅前商店街周辺・眠れる朝のスナック街を闊歩するの巻【吉野川市】

投稿日:

一応一度ご紹介済みの「鴨島駅前商店街」。でも、まだまだ紹介しきれてないので第2弾。(Twitterでフォロワー様がステキな写真あげられてたのも大きな理由)

前回は銀座商店街をうろついたので、今回は更に東側にあるスナックゾーンをうろつくことに。

ちなみに平日朝の9時10時に訪れたため、スナックゾーン的にはおやすみタイム。そんな朝陽を浴びるスナックゾーンをお散歩。

ちなみに「文楽通り」という区画らしい。全然知らんかったな。

文楽通りの由来は、

戦後間もない頃、鴨島駅前には映画や芝居などの娯楽施設「文化座」と「有楽座」があり、一般客のほか、興業に来た俳優や業者が集まるようになった。それに伴って両施設を結ぶ道路沿いに飲食店、旅館などが並び、それぞれの座名から一文字ずつ取って「文楽通り」と住民が呼び始めたという。

徳島新聞2017/12/29より一部抜粋

だそうだ。

考えてみれば、この商店街のマスコットキャラクター「五九郎さん」は、喜劇俳優の曾我廼家五九郎氏。そういう諸々のことを考えていくと、点と点がつながる感じがしないでもないな。

数年前に高校からの友達と飲み歩いたわ。たしかママさんたちが優しかった記憶が強い。「若いけん、いっぱい食べな」「はい、サービス」と美味しいカレーやアイスクリーム、果物をオマケしてくれたっけ。

2、3回くらいしか遊びにいった記憶はないけど、ずいぶん手厚く迎えてくれたことだけは明確に覚えてる。

次のページへ >

-吉野川, 徳島県民による徳島観光, 文化

Copyright© 週刊トクシマ , 2021 All Rights Reserved.