思ひ出懐古録 野球記事

GWなのに暇なので野球漫画の登場人物で空想ドラフト会議をしてみた

更新日:

 

ゴールデンウィーク前半戦だというのに、暇だ。変に時間を持て余している。

あまりにも暇すぎるので、今まで読んできた野球漫画の登場人物を使って空想ドラフト会議をしてみよう。

楽しい連休の過ごし方でしょ。これが正しい三十路のありかただよ。良い子は真似しないでね。

設定としては、弱小球団「ドリルモグラーズ」(パワプロクンポケット2より拝借)を強化すべく、スカウトの鮫島さんに呼び寄せられた「ドラフト成功請負人(エージェント)」として雇われた俺が、ドラフト会議に紛れ込む。そして、独自の理論や理想に基づいて、野球漫画の登場人物を指名していく――という感じだ。

 

バカみたいな設定でしょう。

 

 

空想ドラフト2018、まもなくスタートです! 

ドラフト1位 谷口タカオ(三塁手) キャプテン

ここはね、弱小球団を根底変えてくために、強烈な意識改革をするべくチームを率いる「ど根性・ザ・キャプテン」を指名ですよ。すでにプロ野球チームとして選手を囲っているチームに、まさかのルーキーにキャプテン任命の荒療治です。弱いチームを変えるには、「あいつ、バカじゃねえの?」って呆れられたり、野次られるくらいのことをしないとね。(エージェント評)

 

ドラフト2位 星飛雄馬(投手) 巨人の星

非常に才能ある実力を持ちながら、思い込み起伏の激しさ情緒の不安定さから、各球団が指名を躊躇しているところを一本釣り。この指名の意図は、投手としての能力のみにあらず。ドラ1谷口キャプテンの、ど根性理論「スポ根」色に素直に染まれるエース候補としての期待がある。(スカウトの鮫島)

 

ドラフト3位 山下たろー(投手) 県立海空高校山下たろーくん

夏の甲子園で大活躍した後、マンガの編集者となり、さらに転職して教師をしていた異色の男。しかし、山下もど根性野球を得意としているため、彼の獲得により、チームカラーを一気にスポ根色に塗り替えれるのではないかと期待している。決してドカベン・山田太郎と書き間違えて指名したわけではない。(エージェント評)

 

4位以下は次のページへ

 

ドラフト4位 百瀬 朝夫 (捕手) Dreams

高校時代はエース・久里の女房役として活躍。久里の豪速球を捕球出来るようになるために、バッティングセンターで、マシンの球を至近距離でキャッチする練習をしていたのを偶然見かけてね。実はそうそうにチェックしておいたのだよ。彼は根性あるよ。いいね。何しろ、周囲の迷惑も顧みず、おのれの技術向上のために全力を注ぐ。並大抵の精神力じゃないね。イッツ ど根性!(スカウトの鮫島)

 

ドラフト5位 不屈闘志 (一塁手) 逆境ナイン

もともとは投手であるが、100点差にも怯まず、ひとりでひっくり返した力を評価。守備に関する資料が皆無であるが、現在のチーム事情を考えると外国人枠と正一塁手を争ってもらおうと思う。彼にはとにかく試練を与えまくるつもりだ。不屈闘志。いい名前だと思うね。(エージェント評)

 

ドラフト6位 殿馬一人(二塁手) ドカベン

現状我チームでは、正二塁手が不在だ。器用貧乏ユーティリティプレイヤーの倉刈にさせてはいるが、寄る年波には勝てない。いつまでも倉刈に頼るわけにもいかず途方に暮れていた。が、まさか殿馬をドラフト6位でとれるとは。これは嬉しい大誤算だ。数年後、秘打で首位打者争いしてるんじゃないか。(スカウトの鮫島)

 

ドラフト7位 景浦安武 (代打) あぶさん

手前味噌だが、我がチームはチャンスメイクは結構出来るんだ。だが、決定打に欠ける。四番を任せてある古沢にしても、気弱な性格がわざわいして凡退することが多い。そこで、しっかり任せられる代打の切り札を確保しておこうということで指名した。アブサント 3ガロンで契約。

 

 

まとめ

本当はもうひとりくらい指名したかったが、なにぶんドリルモグラーズは金欠状態。なので、ここで打ち止めだ。しかし、良いドラフトだったと思うよ。我ながら良い指名だったし、どことも競合しなかったしね。え? おおきく振りかぶってとか、ダイヤのAとかから指名して欲しかった? 

ダメダメ。彼らはウチみたいな変な球団に来たら駄目だよ。もっとちゃんとしたところに指名されて行ったよ。俺たちが言うのもなんだが、正直ホッとしている。(エージェント評)

 

俺はゴールデンウィークの朝っぱらから一体何を書いているのだろう。。。

書いてるときは楽しかったんだけど、いざ書き終えて、読み返しているうちに悲しくなってきた。

うーん、ちょっと寝たほうがいいかもしんない。

 

おつかれさまでした^^;

 

-思ひ出懐古録, 野球記事

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.