徳島県民による徳島観光 美馬 自然・景色

【徳島県早朝花見アタック】吉良のエドヒガン桜とひょうたん桜を独り占め【おひとりさま花見】

更新日:

ニュースでもネットでも徳島県内のいたるところで桜が満開になったと言っている。

 

 

満開になったタイミングと気候や風の具合から察するに、次の土日(413日あたり)には散ってしまっている可能性がある。

そうなると、生来のキングオブせっかちの異名を持つ俺はじっとしていられない。

 

 

土曜日の朝5時に起き、5時半に家を飛び出した。もちろん、花見をするためである。

 

 

吉良のエドヒガン桜を見に行こう!

俺が向かったのは、美馬郡つるぎ町の「吉良のエドヒガン桜」だ。

軽くネットで調べた限り、先週の段階で「満開」マークが出てたから「もしかすると完全に葉桜になってるかもしれない」と思いつつ車を走らせた。そわそわ。気が気でない。

 

 

車を走らせること約1時間。

なんとかかんとか吉良のエドヒガン桜の目印にしていた神社周辺に到着した。

 

ちょっと葉桜気味にはなってるけど、まだ7~8割くらいは綺麗なピンク色でしょ。

また立派な幹してるでしょう。めちゃくちゃ大きいんだから。

 

俺、多分こんな大きな桜の木を見上げるの初めてだろうな。巨大物恐怖症な俺だけど、木は大丈夫。怖くない。

 

 

樹齢は約430年樹高はおよそ20メートルだそうだ。徳島県の指定天然記念物にもなっている。

 

 

これは吉良のエドヒガン桜で一番低いところに咲いてる部分に近づいて撮ってみた。俺でも届く高さだ。

 

 

 

かれこれ30分くらい辺りをうろうろしたり、眺めたりしてただろうか。その間、だーれも来なかった。(もうちょい満開だったら来てたかもしれない)

 

ちなみに吉良のエドヒガン桜周辺、道路には他にも桜が咲いている。

 

 

 

 

吉良のエドヒガン桜を眺めたことで花見欲が刺激された俺は「よっしゃ、まだ7時前だ。ガンガン花見すっぞ」と気合を入れた。

 

 

そして、ここへ来る道中に見かけた「ひょうたん桜」の看板があったところまで戻り、「ひょうたん桜? 見させてもらいま」と狭い道へと車を潜り込ませるのだった。

 

 

次のページへ >

-徳島県民による徳島観光, 美馬, 自然・景色

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.