名東郡 徳島の神社仏閣 自然・景色

【日本の滝100選】雨乞いの滝までの長い長い道のり【卑弥呼】

更新日:

その滝は「雨乞いの滝」と呼ばれていて、一説によれば卑弥呼が関わっていたとかいないとか。他にも竜王神など様々な伝説があるスポットである。


また、山中にある滝スポットとしては珍しく、しっかりとした駐車場があるのもあありがたい。(大抵はやむなしの路駐で大慌てでの観光となりがちなのだ)




ところが!

この雨乞いの滝、そこへ到達するのに800メートル歩かねばならない!


ん? 今、あなた「たかが800メートルくらいで大袈裟な」と鼻で笑いましたか? 


平地の800メートルでは考えられないほど山の800メートルはめちゃくちゃキツい。しかも、かかとが伸びてアキレス腱を伸ばすストレッチ状態がナチュラルで続くほどの急勾配が続くことだってあるのだ。

覚えておくと良い。スタート地点にこういう「ご自由にお使い下さい」的な杖っぽいものが置かれていたら、その時点で覚悟を決めること。

「それなりにキツい道のりを歩きますよ」という無言のメッセージなのだ。



最初は比較的緩やかで人工的な匂いのする道が続く。

しばらく進んでいくと、立派な滝が見えてくる。

「おっ、もしかしてゴールしたか?(体感ではまだ800メートルも歩いてないけど)」

なんて思いながら近づいてみると……。

うぐいす滝

うぐいす滝

なんと雨乞いの滝までの道のりにいくつか名前のついた滝があることが発覚。

そのうちのひとつが「うぐいす滝」

ちょっくら木の幹や石ころを上手く利用しながら降りてみた。

いいね。中央に見える青々とした葉っぱがよく映えてる。

「どこらへんがうぐいすなのか」って言われるとわからない。が、とにかく俺はこの滝の具合は好きだと感じる。

これが俺が木の幹や石ころを利用して降りてきたルートだ。

不動滝

さらに進むと今度は「不動滝」

ちょっと水量が少ない感じ?

調べたところによれば、雨乞いの滝には竜王神や不動尊が祀られているらしいから、そのあたりが名前の由来なんじゃないかな。

それから更に雨乞いの滝を目指して進んでいく途中、

こういうのを発見。

不動たぬき?

気になって調べてみた。詳しい方のブログによれば10年くらい前に誰かが置いたのではないかとのこと。元々あったものじゃないらしい。

たしかに賽銭箱がめちゃくちゃ新しいもんね



まだ450メートルもあるだと!?

次のページへ >

-名東郡, 徳島の神社仏閣, 自然・景色

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.