三好 不思議 徳島の神社仏閣 徳島県民による徳島観光 自然・景色

【雪化粧】GW極寒の剣山登頂冒険記【不動の岩屋/行場コース】

投稿日:

記念すべき平成最後の更新らしく、少し気合いれた記事をごらんあれ。


GW初日の午前10時。
俺は季節外れの雪山と化した霊峰剣山を登っていた。



遡ること30分前

俺は鼻歌まじりで剣山登山に向かっていた。

GWは剣山に行こうと決めていたのだ。毎日指折り数え、とても楽しみにしていた。

前日、いやリフト乗り場付近までは、新緑満載の陽気な山登りをイメージしてワクワクしていたんだ。

ところがリフト乗り場に近付くにつれ、奇妙なことが目立ち始めた。周辺の木々が軒並み白く、しだれていたのだ。



最初は「直前のどしゃ降りで濡れたのが白く見えてるのかな」と思ってたんだけど、違った。完全に雪だった。枝葉に積もった雪が木々をしならせていたのである。

だけど、幸い道は凍結していなかった。

この段階で自分がイメージしてた新緑の、ぽかぽか陽気の楽しい山登りは幻だったことを悟った。同時に極寒の山登りに対する覚悟を決めた。

駐車後、警備員さんに「寒くないで?」と心配されつつ、「はい、大丈夫っす」と強がりを言いつつ、すぐにチケットを買いに向かった。



そう、ポカポカ陽気を予想していた俺は雪積もる山に入る格好とは程遠い薄着をしていたのである。

吹き荒ぶ極寒の風にガタガタ震えながらリフトに座り、15分。「日を改めりゃよかったかな」と後悔しつつ、リフト利用者にとってのスタート地点へ到着。



極寒。極寒。極寒。
俺以外の登山者、全員防寒完璧!


とりあえず体温上げるべく、コンビニおにぎりを口にしたんだけど、寒すぎて顔が固まり、咀嚼しづらいんだ。1個のおにぎり食うのに5分かかった。

さて、出発だ。
想定外の雪と言うことで、まずは前回と同じルートで山頂を目指す。

しかし、あれだね。
全然景色が見えないね。。。
(正直寒すぎて、歩くのに精一杯)

でも、画になるものやインパクトあるものは撮影しながら進む。

この木を見てみ。悪魔の杖みたいだ。しかし、どうやったらこんな形になるのか。不思議でならない。



前回も訪れた御神水。今回はペットボトルに汲んで持ち帰ることに。なんでもミネラル豊富な若返りの水だそうだ。綺麗で冷たい水!

「お水、いただきます」
剣山の御神水
寒いのでここでは飲まなかった。

そこから更に上に上がってくと、大剣神社。ベンチに座って休憩、休憩。良縁を結ぶ神社だそうで、カップルが並んで祈ってた。

大剣神社

道中に見えてくるこちら。


前回もほとんど同じ位置から撮影した岩。剣山のネーミングのもとになったらしき岩。剣にみえる?

次のページへ >

-三好, 不思議, 徳島の神社仏閣, 徳島県民による徳島観光, 自然・景色

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.