史跡・城跡 小松島 徳島の神社仏閣 徳島県民による徳島観光

【小松島市】史跡旗山 源義経公之像を見上げてきた【日本最大?】

投稿日:

卑弥呼がいたとかいないとか。
ソロモンの秘宝が隠されているとかいないとか。
キリスト安徳天皇が隠れてたとかいないとか。

徳島県にはあちこちで眉唾物だけど、何だかワクワクさせられる伝説がいくつもある。

そのうちのひとつに「源義経徳島に来ていたんじゃないか説」ってのがあって、それを記念(?)して建てた、多分日本一巨大な義経像小松島にあるってんで行ってみた。

入口とその周辺の感じ

休憩所付きトイレもあって安心

なかなか草木がぼうぼうで、クモの巣も何となく見受けられる。だが、苦手なジョロウでもコガネでもない、何だか見たことない足の短いクモだったので大丈夫。秘技手刀で切り裂きながら進んでいく。(手頃な枝がなかったのだ。。。)

手や顔でクモの巣を突っ切り、くぐりながら緩やかな階段を登っていく。

すると、いきなりお出ましだ。
もうわかる。めちゃくちゃでかい!

抑えきれず駆け出す。クモの巣のテープカットなど、もう気にならない。

源義経像

これが恐らく日本一でかい義経像。
本当なら俺が並んで、いかにデカイか比較する写真が欲しいんだけど、ほら俺は単独行動だし三脚も持ってないし。。。

とにかくでかい!

回り込みながら四方から見上げる。東側にはこんな文字が彫り込まれていた。

また北側からは義経の背中が見えるんだけど、わかるかな。矢が固定されてんの。もしかしたら取り外し出来るのかも。

さらに何か書かれているので載せとく。

この像は、源義経が元暦2年2月(1185年)一の谷の合戦の後、屋島に本陣を構えた平家を討つため摂津国渡辺(現在の大阪市北区)を嵐の中5隻の船に分乗して船出、ふだんであれば3日かかるところをわずか時間で阿波の勝浦(現在の小松島市)に着いた。


そして、この地に源氏のしろ旗を標旗としてとして掲げ軍勢を立て直した後、地元新居見城にしていた近藤六親家の兵を先導役に屋島へ向かいわずかの軍勢で背後より攻めた。


慌てた平家軍は海にのがれた。


この奇襲戦により、戦況を有利に導いた源氏が屋島の戦いで平家を破った。


こうした史実を通して市民の郷土史への理解を深めるとともに、これらを後世に伝えるため、愛馬(大夫黒)に乗った義経の銅像を制作し、ゆかりの地(旗山)に建立するものである。


銅像は尾崎俊二氏の寄贈によるもので、足元から頭まで5.35メートル、弓の先までが6.70メートルあり、現存する騎馬像のなかで日本一のものである。


この「源義経公之像」が永くふるさと小松島市の歴史を伝え、市民の心に生きつづけることを願うものである。


平成3年7月吉日
小松島市長

いやあ思ってた以上にでかかった。だって義経は小柄で華奢なイメージだったから、こんなに勇ましいとは思ってなかった。それだけに「すげぇ」とテンションが上がった。

ライトアップ用の装置もあった。

それから俺は周辺の探索を開始した。

次のページへ >

-史跡・城跡, 小松島, 徳島の神社仏閣, 徳島県民による徳島観光

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.