スポーツ観戦 徳島県民による徳島観光 雑記 鳴門

【野球観戦】第12回アークバリア旗争奪 東四国大会 ヤング淡路VSヤング徳島ホークス

投稿日:

ヤング淡路VSヤング徳島ホークスを観てきた

実を言うとこの日(2019年9月7日)は、Tリーグ(プロ卓球)の試合を観に鳴門大塚スポーツパークまでやってきていた。

でも、卓球の会場であるアミノバリューホールが開場されるまで4時間くらいあったので、どうしようと思っているところ、

ちょうどこの日に同じ敷地内にあるオロナミンC球場にて野球の試合があることを知り、ふらふら~と訪れたというわけだ。

全日本少年硬式野球連盟(ヤングリーグ)に属するチームによる試合で、中学生選手たちが所属する硬式野球だ。

ちなみにヤング徳島ホークスのOBを調べてみたら、八戸学院光星武岡龍世選手や創志学園横関隼選手がいた。これには驚いた。。。まさかふたりも名門に進学し、そこでふたりとも甲子園に出場し、さらにキャプテンとしてチームを率いていたとは。。。やばくない??笑

正直、最後まで観る予定はなかったんだけど、想像以上に面白い試合が展開されていたので、ついつい最後まで観てしまった。今回はそんなお話だ。

第12回アークバリア旗争奪 東四国大会

後に調べてわかったことだが、両チームとも激戦トーナメントを勝ち進んで、この試合を迎えていたらしい。この試合に勝ったほうが、第12回アークバリア旗争奪 東四国大会の決勝にコマを進めるということだったようだ。

そんなことは全く知らないまま、「おおっ、徳島ホークス。頑張れ」と徳島びいきの応援をすべく、ガラガラに空いた応援席に座った俺。

久しぶりの野球生観戦に心躍っていた。

選手たちの保護者以外の応援はほとんどおらず、どこでも選び放題である。

ところが、1回と2回の守備で徳島ホークスは3点ずつの計6失点してしまう。それでも何とか粘って引き下がって戦い進めていく。

相手の守備の乱れに乗じて、何とか1点をとった徳島ホークス。その後、さらに1失点してしまい、7対1

そう簡単にはひっくり返すことが出来ない点差だ。不可能な数字ではないにせよ、ヤング淡路の守備はなかなかに堅い。投手も良いテンポで放っているし、100キロちょいの直球がコースに決まっているようだ。

それに継投として出てくる投手が軒並みいい感じで投げていた。

「このまま終わっちまうのかな……」なんて思いながらボケーッと観ていた。

中学生選手による野球は7イニングで終わる。何とか6点差を維持したまま迎えた、最終回7回裏の徳島ホークスの攻撃。

この6点差を追う最後の攻撃で、ホークス監督が動きまくる。(実際には試合中通して動きまくるというか、代打や守備位置変更などをしていたが、そこはご愛嬌)

まさかの展開に思わず手に汗握ることとなった。

次のページへ >

-スポーツ観戦, 徳島県民による徳島観光, 雑記, 鳴門

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.