徳島の神社仏閣 徳島県民による徳島観光 雑記

【単なる疑問】どーして、 神社には大きな木が植わってるんですか?【おじさん相談室】

更新日:

信仰心はあんまりないが、神社仏閣はわりと好きなんだな。

歴史があるでしょ。

歴史があるってことは、そこにたくさんの人たちがいたってことでしょ。

崇めた人たちや建築した人たち、参拝した人たちや境内で遊んだ人たち。そう言うのが染みついた雰囲気、空気感が何か好きなのよ。

で、いろんな神社を訪れるたびに不思議に思ってたことがある。夏休み、冬休み子ども相談室みたいなことなんだけどさ、

どーして神社には大きな木が植わってるんですか?

ってことね。絶対あるでしょ。もの凄くでっかいでっかいぶっといぶっとい木が。綱引きのやつみたいなしめ縄がまかれてて、参拝者を出迎えてくれるじゃないか。あれが好きなんだけど、なんであんな大きな木があるんだろうって不思議なのよ。

いわゆる御神木ってことなんだろうけどさ、最初から植わってたのかな? 最初から木ありきで神社建てたのかな?

御神木が先なのか、

神社が先なのか。

コロンブスの卵みたいな問答。

もしかすると、「こりゃとんでもなくデッカイ樹だから、もしかすると何かとてつもないものが宿ってるに違いない」と昔の人は思って、そういったところに神社仏閣を建てたのかな。

それか「これだけ大きく育ったってことは、物凄く長い年月のあいだ天災も起こらなかったということ。つまりご加護でもあるのだろう」と思ったからだろうか。

次のページへ >

-徳島の神社仏閣, 徳島県民による徳島観光, 雑記

Copyright© 週刊トクシマ , 2020 All Rights Reserved.