徳島県民による徳島観光 文化 鳴門

大塚国際美術館に行ってきた話④ 地下1階(バロック/近代)編

投稿日:

ちょっと珍しく、今日は2度めの更新。

正直言うと、このあたりから美術酔いに加えて疲れが出始めていて、あとは精神力との戦いになっていた笑(;・∀・)

ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」。これも有名な作品だな。フランスの象徴的な絵画。調べてみたら、原題を正しく訳すと「民衆を導く自由」らしい。でも、正しくなくても一般的に認知されたほうが正しいとされるものだからね。。。

ゴッホの「ヒマワリ」。これは高校のときの美術の授業で模写する機会があったな。何時間もかけて描いて描いて描いてたんだけど、俺、中退しちゃったから完成しないままなんだよな。。。

ちなみに「7つのヒマワリ」というテーマでゴッホのヒマワリ7点と、「ヒマワリを描くゴッホ(ゴーギャン)」が連続して展示されているゾーンがある。

そのなかには、阪神大空襲で消失してしまった幻の「ヒマワリ」の複製もある。それがコチラ。

しかし、ゴッホはヒマワリが大好きなんだな。

ゴッホにとっての向日葵は明るい南フランス(南仏)の太陽、ひいてはユートピアの象徴であったと言われている。 南仏のアルル滞在時に盛んに描いた向日葵を、精神が破綻して精神病院での療養が始まってからは描いていないこともその根拠とされる。

Wikipedia ひまわり(絵画)より

その他のヒマワリはぜひ美術館にて観てみてちょうだい(*´∀`*)

次のページへ >

-徳島県民による徳島観光, 文化, 鳴門

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.