スポーツ観戦 徳島市 徳島県民による徳島観光 雑記

【みちのくプロレス】人生初生プロレス観戦 3・3 とくぎんトモニアリーナ【徳島県】

更新日:

1月号のタウトクを読み返してて気がついた。

 

 

どうやら今年3月3日に、みちのくプロレスが徳島にやってくるらしい。

 

 

子どもの頃から立ち技系、バーリ・トゥード系とジャンル問わず格闘技全般大好きで、テレビで観てたんだけど、生で戦う人たちを観たことは一度もない。

 

これは丁度いい機会だ。出場者には新崎人生GAINAアレクサンダー大塚フライングキッド市原など徳島出身の選手が多い(凱旋だから県内出身者を集めたんだろうけどね)。

 

っていうことは、このブログの本筋である「徳島」とモロに関連づけてOKってことだろう。

 

 

 

というわけで、人生初生プロレス観戦に行くことに決めた。腰は重いが、一度決めると超軽快になるのが俺だ。翌朝にはチケット購入の手続きを済ませた。

 

 

 

何もかもが初めてなので珍しく事前にいろいろチェックしておいた。

舞台となる「とくぎんトモニアリーナ」は徳島駅から徒歩5分の場所ということで、「よし、当日は汽車移動だな」と即決。(しつこいようだが、徳島県には電車は通っておりません)

 

 

 

ちなみに1階指定席という良さげなチケットも買おうと思えば買えたんだけど、こちとら初めてのプロレス生観戦なのでビビって2階の良さげな席をとった。2階ならブッチャーみたいなレスラーにフォークを頭に突き立てられる心配はないだろうというのが一番の理由だ。(プロレス素人のイメージというものはそんな感じなのである)

 

 

当日 3・3

 

元気もりもりの俺は内心ドキドキしながら「とくぎんトモニアリーナ」に向かった。

予定時刻を過ぎても開門されないので、周辺をうろうろしてたところ、友達と遭遇。偶然プロレスを観に来てたらしい。

午後2時半くらいにようやく開門。

 

 

軽く迷子になりそうになりながらも、何とか西側の席につくことができた。

 

 

 

予定より10分おしてのイベント開幕となった。

 

 

 

プロレスについては語れるほど知識もないので、主に写真で雰囲気を察して貰えればありがたい。

一応一眼レフで写真撮りまくったけど、俺にはカメラの技術も知識もないので全部反射神経のみで撮ったので荒い粗い写真だらけなのを、予めご了承ください。

 

 

 

第0試合 山本司 VS 田辺信一郎

 

 

何気にボクシングも生で観るのは初めて。

 

ちなみに青グローブの山中選手はガチンコに出てた人である。詳しくはウィキペディアを読んでね。

山中はこの試合が引退試合だそうだ。お疲れ様でした。

 

 

 

第一試合 大瀬良泰貴 VS 川村興史

事実上、このふたりのプロレスこそが俺のプロレス初生観戦の対戦カードである。

 

 

 

 

第二試合 ヤッペーマン1号・ヤッペーマン2号・フライングキッド市原 VS ザ・グレート・サスケ・バラモンシュウ・バラモンケイ

 

バラモン兄弟らに運ばれてくるザ・グレート・サスケ。

 

 

バラモン兄弟による水ぶっかけ祭り。

 

 

 

↑新たに迎えた信者(観客カップル)に祝福するザ・グレート・サスケ。

 

 

 

花束を渡すマダムにも水をぶっかけるバラモン兄弟に思わず笑ってしまう。

 

 

 

第三試合 アレクサンダー大塚 VS X(当日発表)

まさかのアレクサンダー大塚が負傷欠場ということで、男盛りが代理で登場。(野暮過ぎるんで小声で説明しておくと、アレクサンダー大塚=男盛りね

また気になる対戦相手Xはヨネ原人こと気仙沼二郎ことヨネ原人だった。

 

 

突然リングとは関係ない壇上の幕がのぼってったかと思うと、ヨネ原人が歌いながら登場した。

 

 

とても盛り上がっていたんだけど、この試合は写真だけじゃ何やってるか伝わらないかもしれないな笑

 

よくわからないんだけど、一応アレクサンダー大塚と男盛りは別人ということなんだろうね。(負傷したアレクサンダー大塚の代理で男盛りがリングに上がったってことだから)

でも、普通別人ということでリングに上がる時ってマスクすると思うんだけど、それをせずに顔も尻も丸出しで出てくるところにセンスを感じた。

 

 

 

 

次のページへ >

-スポーツ観戦, 徳島市, 徳島県民による徳島観光, 雑記

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.