徳島県民による徳島観光 文化 美味しい記事 道の駅 阿波

【阿波市】道の駅どなりで「キジ肉丼」を喰ってきた話【ジビエ記事】

更新日:

2022年4月中旬。

大好きな道の駅である、「道の駅どなり」で新たなジビエ飯が食べられるという情報を得た。

道の駅どなりといえば、これまで「猪肉うどん」「鹿肉丼」など数多くのジビエ飯を提供してくれた、非常にステキな道の駅である

猪肉、鹿肉ときて、今度は何かと思いきや、キジ肉丼らしい。

そう、猿と犬と桃太郎と一緒に鬼ヶ島で戦った、あの雉(キジ)である。

ジビエ料理には目がない俺は、すぐさま道の駅どなりへ向かった。

ちなみにキジは、日本の国鳥である。国鳥と聞くと、「えっ、国鳥って食べていいの?」と思う方もいるかもしれない。だが、安心して欲しい。キジが国鳥に選ばれた理由は、「狩猟対象として最適であり、美味である」ことだからだ。

もちろん食用OKなのである。そして、国鳥を決めるのは、日本鳥学会であり、政府ではないので、別に国が定めたわけでもないらしい。

というわけで安心して欲しい。

道の駅どなりに到着。ずいぶんとご無沙汰している。

次のページへ >

-徳島県民による徳島観光, 文化, 美味しい記事, 道の駅, 阿波

Copyright© 週刊トクシマ , 2022 All Rights Reserved.