モリーナのプロテクターにボールがくっついたって?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モリーナのプロテクターにボールがくっつき、見失った隙に失点をしたニュースがあった。

 

俺もキャッチャーをしていたことがあるからわかるけど、プロテクターにボールがぴったりくっついて離れないなんて経験は一度もない。

 

プロテクターやボールの素材を考えても、「何か」が付着していなければくっつかないだろう。

 

もっともモリーナは「私のプロテクターに何かついていたって? それは馬鹿げた質問だ」と言っているみたいだけど、どうだろう。

 

それはさておき、今回は「不正投球」について語ってみようと思う。

 

ちなみに冒頭の4行とは無関係だ。ホントだよ( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

 

 

不正投球とは、簡単に説明すると「ボールや指に細工して投げたボールに独特の変化をもたらす行為」のことだね。

 

たとえば、エメリーボールという不正投球があるんだけど、それはボールにヤスリや爪なんかで傷をつけて投げる。傷ついたボールは普通のボールに比べて指のかかりが良くなるし、空気抵抗の受け方が変わるから、考えられないほどの変化をするんだね。実際にサンドペーパー(紙やすり)を隠し持ってマウンドに立っていた投手がいるらしい。

 

あと有名なのがスピットボール。唾や松脂なんかを利用して投げる球だ。こっちはエメリーボールと違って逆にボールの回転を抑えるから不規則な変化を見せる。(回転を抑えることでボールは打者の手前でストーンッと落ちる。原理そのものはフォークなど落ちる球と同じだろう)

 

そう言えば、松脂ってベトベトしてるよね。

 

うっかりボールに着いていようものなら、ボールがプロテクターにくっついても不思議じゃないね。

 

それはさておき、このような不正投球が存在しているというお話だ。

 

 

くどいようだけど、この記事は冒頭のモリーナどうこうとは関係ないよ。ホントだよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です