徳島の神社仏閣 徳島県民による徳島観光 文化 鳴門

大麻比古神社に立ち寄り鳴門とドイツの関係に思いを馳せる三十路男

更新日:

大麻比古神社(おおあさひこじんじゃ)って言うデカイ神社がある。元旦に行こうものなら、たちまち凄まじい渋滞に巻き込まれてしまう有名な神社だ。

今や死語になりつつあるパワースポットとしても知られているらしい。

元旦にしか行ったことがなく、人混みが過ぎてゆっくり観て回ったことがない。なので、何でもないこのタイミングで色々観てみることにした。

広い駐車場に車を停めて、いざ参る。

ちなみにこの駐車場は午前8時から午後4時までしか停められない。ご注意を!

ふらふら歩いてくと、

お洒落狛犬

巨大な御神木「楠」

高さは22メートル、目通りは8.2メートルもある。かなりの年月をかけて大きくなったのだろう。→樹齢は1000年ほどらしい!

至近距離で見た感じ。

ごつごつしてデカイでしょ。

次のページへ >

-徳島の神社仏閣, 徳島県民による徳島観光, 文化, 鳴門

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.