不思議 徳島の神社仏閣 徳島県民による徳島観光 美馬

徳島眉唾冒険譚1 1000年前からあったらしき磐境神明神社はユダヤと関係あるのだろうか?

更新日:

おっかなびっくり上がってくと、

さらにでっかい木が根こそぎ倒されてた!

「なにごと~?」とIKKOさんみたいな独り言を言いつつ、くぐって突破。

そして、辿り着いたのがここ。

四方を石垣で囲うスタイル。南側に3つの入り口、北側に5つの祠270年くらい前に芝刈り中に見つけたらしい。(作られたのは約1000年前らしいね)

中には

どこの誰が何のために何を思って作ったのか。不思議でならないね。

だってさ、ここを降りたらすぐそばに「白人神社」という別の神社があるんだよ?

それなのにすぐ近くに、それもわざわざ少し上に作ったのは、何か理由があるっぽいよね。もっとも白人神社って名前も「異国」感「外国」感を匂わすな。

徳島って地味に昔から外国との関わりがあるからなあ。板東(鳴門市)ならドイツ眉山(徳島市)ならポルトガルアメリカ(サギノー市と姉妹都市)みたいに。

また外国人ではないけど、平家が逃げ込んできたのを受け入れた歴史もあるから、もしかすると県民性が「受け入れ体制◎」なのかも。

次のページへ >

-不思議, 徳島の神社仏閣, 徳島県民による徳島観光, 美馬

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2020 All Rights Reserved.