史跡・城跡 吉野川 徳島の神社仏閣 徳島県民による徳島観光

【川島城】広さ日本一の川中島・善入寺島を練り歩いてきた【川中島】

投稿日:

川島城を抜け、潜水橋・大野島橋を渡っていく。橋の幅は非常に狭く、車1台ほど(3メートル)しかないので注意しながら進む。

沈むの前提の橋

潜水橋を渡るとそこは善入寺島

ここはかつて3千人住んでいた川中島(三角洲)だったんだけど、台風が来る度に水没し被害がめちゃくちゃ多かったため、明治政府が全住民を強制的に退去させたんだって。

でも、島外に出た元島民たちが国土交通省管理下で、ある種の自己責任において農作物を育てるなどして島を活用。それが今でも続いているようだ。

とにかく広大で歩くのが大変だ。
見つけた看板によれば、東西に約6キロメートル南北に1.2キロメートルだそう。

遥か彼方まで続くキャベツ畑

これ、キャベツだよね?

田植えされた田んぼ

最近はやってるアレではありません。

勇ましいトラクター

お遍路を励ます花畑

ねぎぼうず

田植えするカラス

夏にはひまわり畑

多分このあたりだと思うんだけどなあ(;・∀・)

島の南側に乱発する鳥居

こういう感じで8ヶ所くらい見っけた。

道がいくつもあるんだけど、建物がまったくなくて畑くらいしかないため、辺りが見渡せる。

阿波市側の善入寺島の出入り口付近には説明書き看板があるので載せておく。

さて、もう少し歩こうか。

しかし、ただ田畑を眺めて歩くのは退屈だ。なので、さらに潜水橋を渡り、反対側に進んでみることにした。

次のページへ >

-史跡・城跡, 吉野川, 徳島の神社仏閣, 徳島県民による徳島観光

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.