徳島県民による徳島観光 自然・景色 鳴門

【船酔い】水中観潮船アクアエディに乗り込み鳴門の渦潮を観に行った話【鳴門市】

投稿日:

徳島県といえば「鳴門の渦潮」を思い浮かべる人もいるかもしれない。その渦潮は最大で30メートル近くになり、世界最大規模だという。

※イメージ図

今回はそんな鳴門の渦潮を見てみようと思い、朝から鳴門に向かって出掛けた。

だが、正直、何もかもが一か八かの賭けだった。

まず「天候は大丈夫か」「定員多数で船に乗れないかもしれない」ということ。それと「船酔いするかもしれない」ということと、そして何より「鳴門の渦潮がきちんと発生しているのかどうか」という、いくつかの不確定要素に不安を抱きながらの起床だった。

そう、鳴門の渦潮は常に発生していて見られるわけではない

あくまでも自然発生の産物であるから、せっかく船に乗り込めても見られる保証はないのである。

そんな不安の中、俺はこの日、鳴門の渦潮を見るための観潮船に乗るべく国道11号線を東に向かって車を走らせた。

梅雨時なのにお天気

しかし、いざ9時過ぎに駐車場に到着してみれば、車はほとんど止まっておらずガラガラ。

とりあえず「定員多数で船に乗れないかもしれない」という不確定要素は消滅

天候も数日前に別件で作ったてるてる坊主の効果か、とりあえず雨も降っておらず問題がなかった。

この時点で船に乗ることが確定。

残す問題はふたつ。「船酔い」「渦潮」これだけだ。

とりあえずチケットを確保せねばと、「うずしお観潮船」に入った。ここはチケットを購入するだけではなく、主にお土産コーナーがあったり、トイレ待合室、本当にちょっとしたゲームコーナーを兼ね備えた施設である。

アクアエディのチケット(2400円なり)を無事入手。

それを2階の展望待合室みたいなところを独り占めしつつ、眺めてみる。

「へえ、座席まで決まってるんか。……ん? 海中展望室座席表? 海中? 海の中? 潜水艦?」

出航まで5分を切った段階で判明したことだが、どうやらアクアエディは普通の観潮船ではなく、海中を見ながら移動し、渦潮が発生するあたりが来ると甲板に出てそれを眺めるというものらしい。

まずいことになった。。。

ここ最近、出羽島へ行くのに船移動を2度(往復にすれば4度)経験しており、少し苦手意識はなくなっていたが、もともと乗り物酔いしやすい体質の俺。何なら山道をぐるぐる自分で運転していてさえ酔うことがある俺だ。

そんな俺が海中を眺めるような船で移動して大丈夫なのだろうか……。

しかし、そんな後悔をしている間に施設内にアナウンスが入った。

「アクアエディをご利用のお客様~」みたいなやつだ。ようするに時間が来たから船に乗り込んでくれということである。

次のページへ >

-徳島県民による徳島観光, 自然・景色, 鳴門

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.