史跡・城跡 徳島県民による徳島観光 海部

【2400万年前の岩石】阿波海南文化村で文化的冒険した話 前編【海部】

更新日:

阿波海南文化村探索

ご存知のとおり、俺は類まれなるあんぽちんである。だが、博物館とか図書館とかをこよなく愛するあんぽちんである。

特に「古銭」「古墳」「刀」などは否が応でもテンションが上がるタイプだ。

そんな俺を大満足させる博物館がある。それが、海陽町立博物館だ。

ちょうど徳島県最南にあるラーメン屋さんを制覇するために、海部を訪れたのでついでに寄ってみることにした次第である。

どうやら博物館含む一帯のことを「阿波海南文化村」と言うらしい。工芸館や文化館などと一緒に紛れるようにして博物館もある感じだ。

ちょうど訪れたタイミングで晴れてきて、テンションが上がった俺は片っ端から「村内」の施設を覗いて回ることにした。

海南文化館(総合案内)

まずは海南文化会館に突撃。……するも、特に見るべきものはなかった。
言っても総合案内所だから特に用事がない俺がやってくること自体が意味なかったんだ笑

どうでもいいけど、何となく病院のような匂いがしていたのは何でだろう。

関船展示館

ガラガラ引き戸を開け突撃。すると、新築の家の新しい木の匂いがお出迎え。俺はこの匂いが大好きだ。

何やらデカくて、ド派手な船が展示されていた。

浅川天神社の関船っていうらしい。

ざっと説明書きを読んでみたら、これは船ではなく、舟型だんじりらしいことがわかった。つまり山車として、担がれてたものってことなのだろう。

どうやらこの辺り(海部)では、朱塗りの豪壮な船型だんじりを「関船」と呼んでいるんだって。

可愛らしくも年季の入った御輿も展示されていた。

阿津神社の御輿だって。俺、よく考えてみたら御輿担いだことないな。「わーしょい、わーしょい」ってしたことがない。どこかで機会があったら紛れ込んで、担いでみたいところだ。

出入り口付近にミニチュアの関船をひく様子を模した模型が展示されていた。こういうのって何気なく見てしまうけど、いざ作ってみようって考えると相当な労力というか技術というかがいるよなあ。

ガンプラでヘトヘトになる俺には到底出来ない。。。凄いなあ。

次のページへ >

-史跡・城跡, 徳島県民による徳島観光, 海部

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.