徳島県民による徳島観光 文化 板野郡 美味しい記事 鳴門

【海賊がルーツ?な酒蔵】本家松浦酒造で見学してきた話【鳴門市】

投稿日:

松浦酒造の見学に行ってきた。

担当してくれたワカバヤシさんがめちゃくちゃわかりやすく説明をしてくれて、非常に勉強になったので、そのまとめ。

予め言っておくと、寝不足でうろ覚えなので聞き間違い、覚え間違い、単なる俺の妄想が入り混じっているおそれがあるのでご注意下さい。

今は使われていない蔵

ルーツは300年前の海賊?

松浦酒造は約300年ほど前、佐賀県出身の海賊をしていた人が「あー江戸時代は平和だなあ、争いがねえなあ」ということで陸に上がり、庄屋さん(米などを売る人)を始めたのをルーツとする歴史ある酒蔵なんだって。

日本にも海賊がいたなんて驚いた。

酒蔵でお馴染みの球体・杉玉

この酒蔵に行くと、ほぼ確実に飾ってある巨大マリモみたいなのは、「杉玉」という。

何で飾ってあるかというと、「新しいお酒が出来ましたよ」と近所のお客さんたちにお知らせする意味合いがあるんだってさ。

その年の初めに新酒が出来た際に、杉玉を作って飾る。最初は緑色をしている杉玉だが、時間の経過と共に段々茶色になっていくらしい。

ただ諸説ありってやつで、「魔よけ」みたいな意味合いがあるとも言われてる。

実力者・山田錦

ワカバヤシさんいわく、徳島県産の山田錦(酒の原料のお米)はかなり良質で評判がいいらしい。ちなみに今年使われる山田錦は、市場町の山田錦みたい。

あと、お酒の原料となる米は炊いて食べても美味しくないらしい。

もしかしたら最初は食べる用に育ててたんだけど、他のと比べて美味しくないから、放置してるうちに発酵して、「あれ、これ使えるんじゃね?」と気づいた人が日本酒を生み出したのでは?という妄想をしながら、ワカバヤシさんの説明を聞いていた。

酒蔵にお邪魔する

それから通されたのは、今は使われていない古い酒蔵。

画像左手が酒蔵

お酒が入っていた巨大ないれもの。


そこに書かれている数字と「検定」という文字。これはお酒にかかる税金に関する目印のようなもので、お上に「うちはこれだけの酒を作ってますよ」「これだけ作って、これだけ売れましたよ」とわかりやすく説明、報告するためのもの。

また、こういう小さないれものには木の札が付いていて、巨大ないれもの同様に数字と「検定」という文字、容量や日付などが書かれている。

次のページへ >

-徳島県民による徳島観光, 文化, 板野郡, 美味しい記事, 鳴門

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.