徳島県民による徳島観光 文化 鳴門

大塚国際美術館に行ってきた話①  地下3階(古代~中世)編

投稿日:

大塚国際美術館って知ってる??

ほら、米津玄師さんが紅白歌合戦で歌った、あの美術館のことだよ。

大人が入ろうと思うと3240円のチケットが必要で、とてもじゃないが「ちょっと時間が空いたから暇つぶしに覗いてみっか」というノリではやってこられない美術館だ。(もっとも、それだけの価値はしっかりある場所なので「いっちょ気合を入れて観に行くぜ」と行ってみるのをオススメする)

さて、この大塚国際美術館。ここの最大の特徴といえば「触れる芸術作品」と「膨大な数」だろう。

何しろココに展示されているものの大半は、陶板(陶器の板に図柄を描き焼き付けたもの)によるレプリカ的作品で自由に触れることが出来る

何でも、陶板によって作られたものは2000年以上に渡って現状の色と形を維持することが出来るらしく、文化財の記録保存としては相当に優れていると言う。(大塚国際美術館のパンフレットより一部抜粋

それに陶板によるレプリカ的作品と表現したものの、そのクオリティは凄まじく高い。

たとえばパブロ・ピカソ「ゲルニカ」も展示されているのだが、その陶板による再現においてはピカソの息子さん(クロード・ピカソ氏)による検品がなされている。

そんな陶板で原寸大に再現した作品の数々が展示される大塚国際美術館。世界26ヶ国古代壁画から現代絵画(西洋名画)1000点以上展示されているのだから、凄まじいボリュームが約束されている。

まあ小難しいことはここまでにしておき、ここからは美術館の雰囲気を伝えるレポートに徹しようと思う。(以下、大塚美術館と表記する)

次のページへ >

-徳島県民による徳島観光, 文化, 鳴門

Copyright© アンチ徳島漫遊記 徳島で遊ぼう , 2019 All Rights Reserved.