徳島市 徳島県民による徳島観光 文化

【文七元結】2019椿欣也 芸能生活25周年記念公演を観に行った話【あわぎんホール】

投稿日:

椿欣也とは何者?

歌手活動にてメディア出演を積極的に行う傍ら「舞で魅せ、歌で聴かせ、芝居で心揺さぶる」のキャッチフレーズで座長公演、舞踊会、ディナーショー等をおこなう。座長公演では、脚本・演出・構成・振付など全てを手掛けている。

ウィキペディアより抜粋

という徳島県徳島市出身のエンターテイナーである。

女形も男形もこなし、歌も歌い踊り、和太鼓も鳴らし、殺陣もこなす。変幻自在の芸をもった、芸歴25年の男なのだ。

そんな椿欣也氏の25周年を記念した公演が今回訪れたコレというわけ。

それから、催し中は、写真、動画一切禁止なのでその前後の写真しかないのでご容赦くださいまし。

オープニングセレモニー

貰ったチケットはA席18列目の10という席で、結構後ろのほうではありながら、全体が見渡せる良い席のように思えた。わりと隅っこなのも俺的にはリラックスして観られるなと嬉しかったな。

席について、まわりを人生の大先輩がたで囲われながら、開演を待っていた。

すると、会場のブザーが鳴った。どうやらオープニングセレモニーってのが始まるようだ。はて、オープニングセレモニーってなんだろう。

ぽけーっと舞台上を眺めていると、立て続けに様々な催しがはじまった。

まずは、歌に合わせた女性の舞があって、また別の女性による歌があって、マダムたちによるフラダンスがあって、ベリーダンスがあって、など盛りだくさんな内容だった。

それらが終わってしばらくすると、椿欣也後援会長みたいなおじさんが出てきて挨拶をして会場を盛り上げていた。

次のページへ >

-徳島市, 徳島県民による徳島観光, 文化

Translate »

Copyright© 週刊トクシマ , 2021 All Rights Reserved.