史跡・城跡 徳島県民による徳島観光 自然・景色 鳴門

【鳴門市】黒崎渡船に乗り込みに行ってきたけど、またやらかしてしまった話【無料】

投稿日:

大道銀天街を縦横無尽に楽しみ尽くした俺は、過去に耳にした話を思い返しながら次なる現場「あそこ」に向かっていた。

「鳴門には、無料で乗れる渡し船がある」という話は、このブログを始めるより前に聞いて知っていたが、なんとなく現場に行く機会がないまま現在に至る。

「さあ、あと数百メートルか」というところまできたとき、ふとトイレに行きたくなった。もしかすると、この先進むとトイレがないかもしれないと思った俺は、コンビニでトイレを借りてから再出発することにした。

トイレを済ませ、ちょっとした買い物をして準備万端。さあ船乗り場へ!

何となく港町っぽいというか、海と共存している雰囲気満載の住宅街を歩いて進んでいく。住宅街でプカプカ浮かぶ船を眺めていると、自転車に乗った若人4人組とすれ違った。

年のころは10代後半といったところだろうか。

皆、元気はつらつ。颯爽と立ちこぎしながら俺の横を通り過ぎて行った。

元気があって大変よろしい。

港町を見守るおじいさんになったような気持ちで彼らを見送り、ふたたび歩き始める。

すると、船乗り場っぽいところに到着した。

よし、まずは待合所に入ってみよう。いったいどんな風になっているのか確認しておかなくては。

次のページへ >

-史跡・城跡, 徳島県民による徳島観光, 自然・景色, 鳴門

Translate »

Copyright© 週刊トクシマ , 2021 All Rights Reserved.